ニュース
» 2016年07月26日 10時00分 UPDATE

ドコモ回線やクラウド15万円分の利用権付き:IoTの評価/検証に必要なものをワンセットに、ユニアデックスが「IoT評価検証キット」を発売

ユニアデックスが、「IoTスタートキット」を発売する。「IoT、何からやればよいか/何をそろえればよいかが分からない……」といった企業に向けて、IoTの評価検証に必要な製品をパッケージ化した。

[@IT]

 ユニアデックスは2016年7月25日、企業向け「IoTスタートキット」の販売を2016年8月1日に開始すると発表した。「IoT(Internet of Things)」システムの構築前に行う評価/検証に必要な製品をパッケージ化した。

photo IoTスタートキットの構成図

 IoTスタートキットは、5台のアルプス電気製マルチセンサー(1台は予備機)、NTTドコモの3Gネットワークを利用できるぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT EX1」、NTTコミュニケーションズが提供する3Gネットワーク接続サービス「OCNモバイル ONE for Business」(3カ月間の利用権)、マイクロソフトのクラウドサービス「Microsoft Azure」(15万円分、3カ月間相当)、ユニアデックスのセンサーデータを保存/表示するIoT可視化ソフトウェアの試用版(3カ月間の利用権)を、あらかじめ設定済みの状態で提供するもの。同社が実際にIoTの実証実験やシステム構築で使い、実績のある製品や回線、クラウドサービスを組み合わせた。動作確認後に出荷するため、ユーザーは電源につなぐだけですぐ利用できる。

 IoTスタートキットでは、「加速度」「気圧」「温度」「湿度」「照度」「紫外線情報(UV)」などを取得できるマルチセンサーを備え、最大で3カ月間分のデータを蓄積できる。センサーから「目的のデータを取得できるか」「取得したデータから目的の結果が得られるか」などの検証に使える。

 価格は39万9800円(税別)。今後、複数のパートナーと協力して、さまざまなセンサーやゲートウェイ機器、ネットワーク機器にも対応させる予定だとしている。

photo 想定されるIoT活用シナリオ(出典:ユニアデックス)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。