ニュース
» 2016年07月27日 11時15分 UPDATE

進むクルマIoT:Watsonを活用、アルパインとIBMが「次世代コネクテッドカーシステム」の開発に着手

アルパインと日本IBMが、IBMの「Watson」を用いた次世代車載システムの開発に共同で着手。今後、数千万台の“コネクテッドカー”が同時接続されることを想定して設計するという。

[@IT]

 アルパインと日本IBMは2016年7月26日、自動運転の高度化に向けた次世代車載システムを共同開発すると発表した。アルパインの車載機器と、IBMの自動車業界向けIoT(Internet of Things)ソリューション「Watson IoT for Automotive」を組み合わせて展開する。

 この開発プロジェクトでは、IBMのコグニティブコンピューティング技術「Watson」で得られた多様な情報を活用し、安全に、かつ運転者や同乗者の状況や嗜好を判断した上で情報を提供する機能を盛りこむ。例えば、ナビゲーションでは「運転傾向を学習して、運転者が好ましいと思えるルートで案内する」「行動や嗜好を分析して、経由地や目的地を新たに提案する」といった機能が想定される。

 キーテクノロジーとなるWatson IoT for Automotiveは、各種センサー、地図情報、運転者と自動車とのやりとりなどで収集したデータを活用し、分析する自動車業界への導入に特化したIoTソリューション。両社は、「今後、数千万台のコネクテッドカーが同時に接続する」ことを想定し、各デバイスの連携に必要となるインタフェース(API)も共同で開発する。開発したAPIをIBMのPaaS(Platform as a Service)型クラウドサービス「IBM SoftLayer」上で公開することで、他業界のサービスとも柔軟に連携するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。