連載
» 2016年08月01日 05時00分 UPDATE

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(30):サーバ屋がデータを飛ばしただと? 1億円払ってもらえ! (1/3)

IT紛争解決の専門家 細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は「レンタルサーバに保管したデータの保全責任」をめぐる裁判を紹介する。誰もバックアップを取っていたなかったデータが消滅したら、誰が責任を取るべきなのか?

[ITプロセスコンサルタント 細川義洋,@IT]
「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説

連載目次

 IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。前回までは3回に渡って「多段階契約」にまつわる争いを解説した。

 今回は、顧客から預かったデータの管理をめぐる裁判例を解説する。

 データを格納したサーバを運用するインターネットプロバイダーが、誤って顧客のデータを滅失(めっしつ)させてしまったら、責任はどこまで及ぶのか。

 顧客のサーバを運用する立場の読者、顧客の情報を自社のサーバに入れて管理する立場の読者、そして業者にデータを預ける立場の読者にも、是非読んでいただきたい。

レンタルサーバ業者が顧客のデータを滅失した裁判例

 まず、事件の概要を紹介しよう。

東京地裁 平成13年9月28日判決より抜粋して要約

 ある建築業者がインターネットプロバイダーとレンタルサーバ契約を締結した。建築業者はレンタルしたサーバ上に宣伝用のWebサイトを開設し稼働していたが、プロバイダーはサーバを貸しているだけで、Webサイト自体の運用については請け負っていなかった。

 ところがある時、プロバイダーが運用上の都合から、Webサイトのデータファイルを別のディレクトリに移し替える作業を行った際、誤ってデータを滅失してしまった。このファイルは、もともと建築業者が自己のPC上で作成し、サーバに転送したものであったが、この時点ではPC上にデータが残っておらず、また、建築業者、プロバイダー共にファイルのバックアップを取っていなかったため、Webサイトは建築業者が再構築する他なかった。この再構築に当たり、プロバイダー側から建築業者側に作業料として仮払金3000万円が支払われたが、結果として建築業者が使った費用は400万円だった。

 作業は終了し、Webサイトは再開されたが、建築業者はプロバイダーに対して、その再構築費用と公開中断による逸失利益の損害賠償 約1億円(※)を求めて訴訟を提起した。

※約1億円=サーバ再構築費用5329万円と逸失利益8229万円の合計から、ベンダーの仮払金3000万円を引いた額
※実質的には「仮払い3000万円から幾らプロバイダーに返金するべきか」という裁判になる。また、実際の裁判はもう少し複雑だったが、記事の趣旨に照らして割愛した

 「再構築費用の支払い」については双方合意している。プロバイダーは「自社のミスでデータを滅失してしまった以上、仕方がない」との考えだろう。

 しかし「逸失利益」については主張が対立している。

預かった“だけ”のつもりだったのに……(画像はイメージです)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。