ニュース
» 2016年08月04日 11時30分 UPDATE

FPGA内でデータを高速に並列処理:データ分析速度を100倍高速に──FPGAを利用、日立が新技術

日立製作所は、FPGAを利用してカラム型データベースのデータ分析速度を最大100倍に高速化する技術を開発した。

[@IT]

 日立製作所は2016年8月3日、「FPGA(Field Programmable Gate Array)」を利用してデータ分析速度を最大100倍に高速化する技術を開発したと発表した。FPGAが内蔵するメモリを活用するカラム型データベース管理システム(DBMS)と、データをFPGAで並列処理する技術を組み合わせて実現する。

photo FPGAを用いたリアルタイム分析システムの構成図

 これらの技術を、グループ会社のペンタホが開発したビジネスアナリティクスソフトウェア「Pentaho Business Analytics」に応用し、フラッシュストレージを用いたリアルタイムデータ分析システムのプロトタイプを構築した。このプロトタイプを使うことで、データサイエンティストに依頼することなく、大量の業務データをその場で、リアルタイムに分析できる新世代のセルフサービスBI(ビジネスインテリジェンス)環境を実現できるとしている。

 情報系(OLAP:オンライン分析処理)システムのデータ分析環境では、データ読み出しを高速化するフラッシュ化が進んでいるが、大量のデータを実際に分析する処理の高速化は図れていなかった。日立は、FPGAが内蔵する数MBのメモリ内にデータ管理情報が収まるように、データベースを細分化。さらに、データベースの処理手法を並列化することで、分析処理の高速化を実現したという。

 今後、超高速データベースエンジンを搭載した高速データアクセス基盤「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」にも本技術を導入し、データ分析処理の一層の高速化を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。