ニュース
» 2016年08月26日 11時00分 UPDATE

「HPE StoreVirtual 3200」と「HPE MSA 2042」:HPE、100万円を切るSDSアプライアンスなど、中小規模向けストレージを2機種を発表

HPEが中小規模向けストレージ2製品を発表。99万円からのSDS製品「HPE StoreVirtual 3200」、100万円台からの800GBフラッシュ内蔵モデル「HPE MSA 2042」を投入する。

[@IT]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、HPE)は2016年8月25日、中小規模向けのスケーラブルストレージ「HPE StoreVirtual 3200 Storage(以下、StoreVirtual 3200)」とSAN(Storage Area Network)ストレージ「HPE MSA 2042 Storage(以下、MSA 2042)」を発表、同日より販売を開始した。

photo 新製品の特徴

 StoreVirtual 3200は、同社のSoftware Defined Storage(SDS)ファームウェア「HPE StoreVirtual」を搭載したスケーラブルストレージシステム。シンプロビジョニングやスマートクローンによる「コスト削減機能」、SSD自動階層化やワイドストライピングによる「高速化機能」、ネットワークRAIDやスナップショット、リモートコピーによる「データ保護機能」の各機能を備え、スケールアップとスケールアウトの両面での拡張を可能とする。

 MSA 2042は、SAN型エントリーストレージの主力シリーズ「HPE MSA」の新ラインアップとして、800GBのフラッシュを搭載したハイブリッドモデル。SSD自動階層化、データ保護機能、SSDリードキャッシュ機能などを搭載し、データベースなどのアプリケーション高速化を図るワークロードに適合できる。

 価格は、StoreVirtual 3200が99万円(税別、以下同)から。MSA 2042が158万6000円から。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。