ニュース
» 2016年09月02日 13時00分 UPDATE

月額48万円から:スモールスタートが可能なクラウド型データウェアハウス、NECが開始

NECが、1TB程度の小規模なデータ容量より導入できるクラウド型データウェアハウス「ビッグデータ分析基盤Data Platform for Analyticsサービス」の販売を開始した。月額48万円からスモールスタートできる。

[@IT]

 NECは2016年9月1日、PaaS(Platform as a Service)型のデータウェアハウス(DWH)「ビッグデータ分析基盤Data Platform for Analyticsサービス」を発表した。

 ビッグデータ分析基盤Data Platform for Analyticsサービスは、大規模データの高速処理やデータベースの自動チューニングといった機能を備える垂直統合型のDWHシステムを、同社のクラウド基盤である「NEC Cloud IaaS」上に構築し、PaaSとして提供するもの。初期投資を抑えられるクラウド型サービスであり、1TB程度の比較的小規模なデータ容量より導入できることから、中堅/中小規模の企業や大企業の部門単位におけるスモールスタートニーズに向くとしている。

photo サービス構成例

 DWHシステムには、米ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)の「HPE Vertica」を採用。「分析対象のデータ量を増やしたい」「処理性能を高めたい」といった、自社のワークロードに沿った仮想マシンの仕様変更もNEC Cloud IaaSのセルフサービスポータルから行える。

 また、同社のオンプレミス型サービスである「Data Platform for Analytics」と同じソフトウェアを使うため、クラウドからオンプレミスへのデータ移行も可能。まずクラウドサービスでスモールスタートし、投資対効果が得られたら専用サーバによる大規模導入へ移行したいと考える企業の需要にも応えられる。

 価格は、最小構成例で48万円/月(税別)から。2016年11月に提供を開始する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。