ニュース
» 2016年09月05日 11時00分 UPDATE

「Windows as a Service」が加速、上位の「E5」も10月提供:月額課金制の法人向けWindows、「Windows 10 Enterprise E3」が販売開始

法人向けWindows 10をサブスクリプションモデルで提供する「Windows 10 Enterprise E3」の販売がマイクロソフトのCSPパートナーによって開始された。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年9月1日(米国時間)、法人向けWindows 10のサブスクリプション型ライセンス「Windows 10 Enterprise E3」の販売を、CSP(Cloud Solution Provider)プログラムを通じて開始したと発表した。

 Windows 10 Enterprise E3は、「Windows 10 Enterprise」を1ユーザー当たり7ドル(約730円)/月の月額課金制のサービスとして提供するWindows 10の法人向けライセンスモデル。CSPプログラムに参加するマイクロソフトのパートナーが販売する。

 CSPプログラムに参加する販売パートナーは、同社のエンタープライズ製品「Microsoft Azure(以下、Azure)」「Dynamics 365」「Office 365」「Windows」などを包括したクラウドベースのマネージドサービスとして、1つの顧客プロファイル単位で提供できる。また、販売パートナーはWindows 10 Enterprise E3に別の付加価値を設けた独自ソリューションとして提供することもできる。

 この他マイクロソフトは、高度なサイバー攻撃によってネットワークに侵入した脅威を検出し、対処できる「Windows Defender Advanced Threat Protection」や、高度なIT管理機能も含めたWindows 10 Enterprise E3の上位版「Windows 10 Enterprise E5」を、2016年10月1日に提供することも明らかにした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。