ニュース
» 2016年09月13日 11時00分 UPDATE

Oculus RiftなどでのVR再生をブラウザ上で:Microsoft Edge、「WebVR」を積極サポートへ──Firefox/Chromeなどと共同で

マイクロソフトが、Webブラウザ「Microsoft Edge」での実験的なWebVRサポートに向けた開発に着手。Mozillaやグーグル、オキュラスなどとともに、相互運用可能なツールを利用できるよう、W3CにおけるWebVR仕様の強化にも取り組む。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年9月9日(米国時間)、Webブラウザ「Microsoft Edge」での実験的なWebVRサポートに向けた開発を開始したと発表した。

 WebVRは、「Oculus Rift」のようなVR(Virtual Reality:仮想現実)デバイスと連携するWebアプリのために、デバイスの位置や動作の情報を三次元空間上の動きへと変換するAPI(Application Programming Interface)。マイクロソフトはWebVRについて、「Webグラフィックス技術の“次”のフロンティアである。新世代の没入型体験を提供するアプリの開発を可能にする」と説明。2016年現在、既に没入型のVRコンテンツが登場し始めているが、Webアプリ開発者に向けた対応を積極的に進めることで、こうしたコンテンツは一層増えていく見通しという。

photo Sketchfab」で公開された、ブラウザで表示したWebVRシーンの例

 また、マイクロソフトは、米Mozilla Foundation(モジラ財団)、米グーグル、米オキュラスなどとともに、Webアプリ開発者が、より高速かつ強力で、相互運用可能なツールを利用できるように、W3C(World Wide Web Consortium)のWebVR仕様の強化に取り組んでいる。

 マイクロソフトは近いうちに、実装の進展を経て、ソフトウェアとハードウェアについてより詳しい情報を発表するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。