ニュース
» 2016年09月16日 12時30分 UPDATE

PepperやNAOの「導入前検証」が可能:CTC、ロボット運用の検証施設「RoBo-LAB」を開設

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が、人型や対話型ロボットの企業利用を研究する検証設備「RoBo-LAB(ロボラボ)」を開設した。

[@IT]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年9月15日、人型や対話型ロボットの企業利用を研究する検証設備「RoBo-LAB(ロボラボ)」を、同社の総合検証センター「Technical Solution Center(TSC)」内に開設したと発表した。ロボット導入を具体的に検討している企業に向けた検証サービスを提供する。

 RoBo-LABでは、ロボット導入の企画検討支援から各種ロボットのデモンストレーション、ロボットアプリケーションの開発まで、利用場面に応じた実証実験をトータルでサポート。

 例えば、店舗向けには人感センサーなど、宿泊施設では観光案内サービスなどとの連携というように、既に用意されたテンプレートを活用した検証が行えるという。

 また、TSC内には企業が一般的に使用するIT製品に加えて最新機器も常備しており、マルチベンダー環境でのシステム検証が可能。RoBo-LABでは、TSCのサーバなどを使用して検証したり、顧客管理や店舗管理などの企業の既存システムとの連携を検証したりすることも可能だ。

 対応するロボットは、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」と「NAO」、ヴイストンの「Sota」。対応ロボットは、今後随時追加していく予定とのことだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。