ニュース
» 2016年09月27日 14時00分 UPDATE

コーディングなしで開発可能、Cloud Marketplaceにも対応:オラクル、ノンプログラマーのためのクラウド型アプリ開発ツール「Project Visual Code」を発表

オラクルがコーディングをほぼ不要とするクラウドベースのビジュアルアプリケーション開発プラットフォーム「Project Visual Code」を発表した。

[@IT]

 米オラクルは2016年9月20日(米国時間)、同社の年次イベント「Oracle OpenWorld 2016」でフルクラウド型のビジュアルアプリケーション開発プラットフォーム「Project Visual Code」を発表した。

 Project Visual Codeは、プログラミング知識がないビジネスユーザーなどであってもビジネスアプリケーションを作成できるとする開発ツール。直感的に扱えるビジュアル設計によってコンポーネントを組み合わせていくだけで、コーディングをほとんど、あるいはまったく行わずに、Oracle SaaS(Software as a Service)ベースのアプリを拡張したり、新しいアプリケーションを開発したりできるとしている。モバイル/デスクトップ、それぞれのアプリケーションの開発に対応する。

 Project Visual Codeの主な構成要素は以下の通り。

  • Builder:コーディングを不要とするブラウザベースの開発アプローチを取り入れ、Webおよびモバイルビジネスアプリケーションを作成し、ホストするためのビジュアルツール。企業間でデータのエクスポート/インポートが行える再利用可能なアプリケーションや再利用可能なユーザーインタフェース(UI)コンポーネント、外部連携サービスも利用できる。
  • UI Design System:直感的にアプリケーションのユーザーインタフェース(UI)をデザインできるビジュアル設計システム。モダンなレイアウトに対応するテンプレートを用意し、マルチチャネルアプリケーションの作成もサポートする。
  • UI Component Architecture:オープンソースの「JavaScript Toolkit」を用いて再利用可能なコンポーネントを設計し、かつネイティブなモバイル/Webアプリケーションを作成できる。
  • Business Objects:開発者やビジネスユーザーが、REST(Representational State Transfer)ベースのアプリケーションを構築したり、カスタムデータ要件に対応した新しいオブジェクトを簡単に作成したりできる。
  • Application Marketplace:「Oracle Cloud Marketplace」にて、Project Visual Codeで作成したアプリケーションやUIコンポーネントを入手できるようにするコンテンツストア。パートナーや開発会社が開発したコンポーネントやアプリケーションを販売して収益を得られる環境も用意する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。