ニュース
» 2016年09月29日 11時00分 UPDATE

手元のセンサーを全てIoT化:アーズ、IoT対応の小型データサーバ「L-One」を発売

アーズが、IoT向けのデータサーバ「L-One Basic」と「L-One Pro」を発売。手持ちのセンサーをIoT化し、一元管理できる機能を提供する。

[@IT]

 センサーネットワークやIoT(Internet of Things)システムの開発を手掛けるアーズは2016年9月27日、手持ちのセンサーやデバイスをIoT対応とするデータサーバ「L-One」を発表。2016年10月20日に発売する。

photo L-Oneのシステム構成と特徴

 L-Oneは、データベース、FTPサーバ機能、アラーム機能、リアルタイムダッシュボード表示機能などを備えたWeb管理ツールを搭載し、各種センサーやデバイスと接続して、ロギング/表示/解析/検索などの管理機能を集約した環境を実現する。

 これまでは個々のセンサーに対し、センサー個別の管理アプリやシステムが必要だったが、L-Oneを導入することで、分離されていたシステムを1つにまとめ、データの流れを集約できるようになる。

photo 従来のシステムとの違い

 ラインアップは、センサーを30個登録でき、有線LAN×1、USB×2を備える「L-One Basic」と、センサーを50個登録でき、有線LAN×1、USB×2、RS-232C×1、RS-485×1、外部ストレージへのデータアップロード機能などを備える「L-One Pro」の2モデルを用意。Basicは1秒ごと、Proは0.5秒ごとにセンサーからデータを取得できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。