Special
» 2016年10月12日 07時00分 公開

とみえ&なつきが挑む「初めてのデータビジュアライゼーション」前編:私たちもできた! Oracle Data Visualizationによる“セルフサービスBI”で、初めてのキャンペーン分析&フォーキャスト分析 (2/5)

[PR/@IT]
PR

Oracle Data Visualizationはどこが優れているの?

 オラクルは、このセルフサービスBIを支援するために「Oracle Data Visualizationシリーズ」を提供しています。パブリッククラウドサービスとして提供される「Oracle Data Visualization Cloud Service」と、そのデスクトップ版である「Oracle Data Visualization Desktop」は、企業のデータ活用の分野で長年の実績を持つオラクルならではの、他社製品にはない多くの特徴を備えています。それらのうち、特にセルフサービスBIを身近にするいくつかのポイントを紹介します。

<ポイント1>リコメンド機能がデータに最適なグラフ形式をお勧め!

 読み込んだデータの内容から、最も適切なグラフ形式をツールが自動的に適用します。「このデータは折れ線グラフが最適? それとも棒グラフのほうがいいかな?」などと、いちいち悩む必要はありません!

photo

<ポイント2>地図上へのデータプロットやタグクラウドなど、表計算ソフトでは不可能な多彩なビジュアル表現が可能!

 BIツールならではの多彩なデータビジュアライゼーションを標準でサポートしており、例えば目標達成度を地図上で色分け表示したり、データ内に含まれる単語を出現頻度に応じて大きさを変えて並べる「タグクラウド」として表示したりといったことも簡単な操作で行えます。

photo

<ポイント3>オンプレミス、クラウド、デスクトップなど、さまざまな利用形態に対応 スモールスタートにも最適!

 Oracle Data Visualizationシリーズは、オンプレミスのクライアント/サーバシステム、デスクトップ、パブリッククラウドなど、さまざまな形態で利用できます。初めは一部の部署でスモールスタートに導入を開始し、業務上の効果を見ながら徐々に導入部署を増やしていくといった展開も可能です。

 また、分析に使うデータ量の増加や利用規模の拡大に合わせて「オンプレミスからクラウドへ」「セルフサービスBIからエンタープライズBIへ」といった具合に、利用形態を変えながら拡大していける点もオラクルならではの大きなメリットです。

<ポイント4>Oracle Databaseからも簡単にデータ取得 既存のBIツールとも高い親和性!

 オラクル製のツールだから当然、Oracle Data VisualizationシリーズはOracle Databaseやオラクルの他のBI製品(Oracle Business IntelligenceなどのエンタープライズBI向けツール)とも高い親和性を備えています。分析で使うデータを業務ユーザーが社内のOracle Databaseから簡単に取って来られるから、セルフサービスBIを手軽に実践できるのです。

 その他、Oracle Data Visualization Desktopの主な機能や特徴については、次の記事をご覧ください。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年11月11日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。