Special
» 2016年10月12日 07時00分 公開

とみえ&なつきが挑む「初めてのデータビジュアライゼーション」前編:私たちもできた! Oracle Data Visualizationによる“セルフサービスBI”で、初めてのキャンペーン分析&フォーキャスト分析 (5/5)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3|4|5       

とみえ&なつき 「予測グラフ、キタ━(・∀・)━!!!!」

photo
photo

 Oracle Data Visualization Desktopでは、基本的に次の3ステップでフォーキャストを含むデータの可視化や分析が行えます。2人も、そのことに気付いたようです。

【Oracle Data Visualization Desktopによるデータ可視化/分析の流れ】

ステップ1:データの準備。Excelファイルやデータベースからデータを取り込む

ステップ2:計算方法の設定。取り込んだデータをどのように集計するのかを設定する

ステップ3:グラフ化。データに最適な表現で可視化する



とみえ 「うわ!これ、めっちゃおもろいなぁ! データを読み込んで項目を選ぶだけで、どんどんグラフになるやん! これも! これも! あはははははは!」

photo
photo

なつき 「……とみえちゃん、グラフをそんなにたくさん入れたら、資料にならないよぉ……」



 さすがとみえさんとなつきさん。早速、Oracle Data Visualization Desktopへのデータ取り込みとグラフ化の方法をマスターしたようです。でも、Oracle Data Visualization Desktopでできることは、これだけではありません。

 後編では、分析の途中で試行錯誤したことや分析結果をチームで共有する方法、そして効果的にプレゼンする方法を学びましょう。なお今回、とみえさんとなつきさんがマスターしたデータ取り込みと分析/グラフ化にチャレンジしてみたいという方は、下記の説明も参考にしてOracle Data Visualization Desktopの無償トライアルをお試しください。

Oracle Data Visualization Desktopによるデータの取り込みからグラフ化まで

 ここでは、今回2人がチャレンジしたOracle Data Visualization Desktopによるデータの取り込みからグラフ化までのステップを紹介します。

データの取り込み

 Excelファイルからデータを取り込む場合は、「新規データ・ソースの作成」メニューを選んで表示される次の画面で「ファイルから」をクリックし、取り込み対象のExcelファイルを選択します(図1)。

photo 図1

 また、Oracle Databaseからデータを取り込む場合は、上の画面で「データベースから」をクリックし、次の画面で接続先のデータベース情報を入力します(図2)。

photo 図2

データの関連付け

 Excelファイルやデータベースから取り込んだデータの結合条件は、Oracle Data Visualizationが自動的に設定してくれます。自動設定された結合条件は、後から確認や修正が行えます(図3)。

photo 図3

計算方法の設定

 Oracle Data Visualizationには、データ分析で使われるさまざまな関数が標準で用意されています。メニューからそれらの関数を選んで必要な情報を追加すれば、複雑な分析処理を簡単に行うことができます(図4)。

photo 図4

データの可視化(グラフ化)

 取り込んだデータ項目を選んで好みのグラフ表現を選択することにより、さまざまな形式でデータを可視化(グラフ化)することができます(図5)。

photo 図5

【Oracle Data Visualization Desktop無償トライアルのご案内】

 本記事でご紹介したOracle Data Visualization Desktopを含むOracle Data Visualization Cloud Serviceは現在、30日間の無償トライアルを実施しています。下記リンク先の申込み手順説明をご確認のうえ、ぜひお試しください。

【Oracle Data Visualizationシリーズに興味を持たれたらNECにご相談!】

photo 本企画にご協力いただいたNECの“BI女子”。写真左より、NECソリューションイノベータ 第四PFソフトウェア事業部 マネジャーの鈴木紅恵氏、NEC クラウドプラットフォーム事業部の山口夏来氏、NECソリューションイノベータ 第四PFソフトウェア事業部の渕野富恵氏

 NECは、Oracle Data VisualizationシリーズによるセルフサービスBIからOracle Business IntelligenceシリーズによるエンタープライズBIまで、皆さまのBI活用を全面的にお手伝いしています。Oracle Business Intelligenceシリーズについては、ミッションクリティカルな業務をはじめ、既に数十社の導入をご支援しており、提案、導入から保守まで、本記事に登場した“BI女子”をはじめとするBI専門メンバーがご対応します。もちろん、Oracle Databaseや関連オプション製品についても豊富な導入実績を持ち、多数のハイレベルなオラクル技術者が在籍。オラクルの優秀なパートナー企業を表彰するOracle Excellence Awards(日本国内)も各分野で19年連続受賞、グローバルにおいても2年連続で受賞しています(通算で5回目)。BIを活用し、Oracle Databaseの利用価値をさらに高めたいとお考えの際は、ぜひ一度NECにご相談ください。


photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年11月11日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。