ニュース
» 2016年10月18日 11時00分 UPDATE

2016年秋にサービス化、都内オフィスビルなどへ販売:CTC、オフィスビル向け「IoTトイレ」を開発 空き状況をスマホで確認

伊藤忠テクノソリューションズは、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を開発した。2016年秋から主にオフィスビル向けに販売する。

[@IT]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2016年10月17日、トイレの空き状況をリアルタイムに確認できる「IoTトイレ」を開発したと発表した。スマートフォンなどでトイレの個室の空き状況を確認できるようにするオフィスビル向けIoT機能を、2016年秋よりサービスとして販売する。

photo ドアに設置するセンサーと空き状況確認アプリ

 IoTトイレは、個室のドアにセンサーを設置して使用状況を検知するIoTシステムと、空き状況をスマートフォンなどで即座に把握できるアプリで構成される。発電パネル付きのセンサーとIoTゲートウェイ間は無線通信で、IoTゲートウェイとクラウド間の通信は3G携帯電話通信網を使う。電源の確保や配線工事、サーバの設置などを不要とすることで、小規模なオフィスでも容易に導入できるよう工夫したという。

photo IoTトイレのサービスフロー

 2016年9月1日から霞が関ビルと同社大崎オフィスで先行導入し、2016年秋から三井不動産のオフィスビルやその他東京都内のオフィスビルなどに向けて販売する。今後、会議室の空き状況管理や勤怠管理など、オフィス向けIoTシステムの応用や拡充も見込んでいる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。