Special
» 2016年11月07日 07時00分 公開

とみえ&なつきが挑む「初めてのデータビジュアライゼーション」後編:社長へのプレゼンも大成功! Oracle Data Visualizationなら分析結果の共有もプレゼンもカンタン&スムーズ (3/3)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3       

Oracle Data Visualization Desktopによる分析結果の共有、プレゼンテーション機能の詳細

具体的な方法をおさらい

 ここでは、今回2人がチャレンジしたOracle Data Visualization Desktopによる分析結果の共有とプレゼンテーションについて、主な機能を紹介します。

分析結果の共有

 分析結果を共有するには、まずホーム画面で作成済みの分析結果を選び、メニューから「アプリケーションのエクスポート」を選択します(図1)。

photo (図1)

 アプリケーションのエクスポートダイアログで、.dvaファイルにパスワードを設定します(図2)。

photo 図2

 以上のファイル保存操作を行うと、拡張子「.dva」が付いたファイルにデータと分析結果、分析ストーリーがまとめて保存されます。

 共有された分析結果を開く場合は、画面右上のメニューから「インポート」を選択し、開きたい.dvaファイルを指定します(図3)。

photo 図3

 続いて、インポートダイアログで.dvaファイルに設定されたパスワードを入力すると、ファイルを開くことができます(図4)。

photo 図4

分析結果のプレゼンテーション

 会議などでモニターやスクリーンに分析結果だけを映したい場合は、「プレゼンテーションモード」を利用します。画面右上の「プレゼンテーションモード」ボタンをクリックすると、Oracle Data Visualization Desktopがプレゼンテーションモードで実行されます(図5)。

photo 図5

【Oracle Data Visualization Desktop無償トライアルのご案内】

 本記事でご紹介したOracle Data Visualization Desktopを含むOracle Data Visualization Cloud Serviceは現在、30日間の無償トライアルを実施しています。下記リンク先の申込み手順説明をご確認のうえ、ぜひお試しください。

【Oracle Data Visualizationシリーズに興味を持たれたらNECにご相談!】

photo 本企画にご協力いただいたNECの“BI女子”。写真左より、NECソリューションイノベータ 第四PFソフトウェア事業部 マネジャーの鈴木紅恵氏、NEC クラウドプラットフォーム事業部の山口夏来氏、NECソリューションイノベータ 第四PFソフトウェア事業部の渕野富恵氏

 NECは、Oracle Data VisualizationシリーズによるセルフサービスBIからOracle Business IntelligenceシリーズによるエンタープライズBIまで、皆さまのBI活用を全面的にお手伝いしています。Oracle Business Intelligenceシリーズについては、ミッションクリティカルな業務をはじめ、既に数十社の導入をご支援しており、提案、導入から保守まで、本記事に登場した“BI女子”をはじめとするBI専門メンバーがご対応します。もちろん、Oracle Databaseや関連オプション製品についても豊富な導入実績を持ち、多数のハイレベルなオラクル技術者が在籍。オラクルの優秀なパートナー企業を表彰するOracle Excellence Awards(日本国内)も各分野で19年連続受賞、グローバルにおいても2年連続で受賞しています(通算で5回目)。BIを活用し、Oracle Databaseの利用価値をさらに高めたいとお考えの際は、ぜひ一度NECにご相談ください。


photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2016年12月6日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。