ニュース
» 2016年11月10日 11時00分 UPDATE

Cloudian HyperStore/NexentaStor搭載アプライアンスを投入:レノボ、SDS市場に参入 x86採用SDI製品のラインアップを拡充

レノボ・ジャパンが、SDI関連製品のラインアップを大幅に拡充する。SDSアプライアンスとハイパーコンバージインフラ製品を多数用意した。

[@IT]

 レノボ・ジャパンは2016年11月9日、法人向けSDI(Software Defined Infrastructure)関連製品のラインアップを大幅に拡充すると発表。新たにSDS(Software Defined Storage)アプライアンスとして、「Lenovo Storage DX8200C」と「Lenovo Storage DX8200N」を同日から販売する。

 DX8200Cは、クラウディアンのAmazon S3(Simple Storage Service)互換クラウドストレージ「Cloudian HyperStore」をレノボ製サーバに搭載したスケールアウト対応アプライアンス。API(Application Programming Interface)は、Amazon S3に完全準拠し、最小構成の3台から、数PB(ペタバイト)クラスまで拡張でき、Amazon S3などのクラウドストレージへのデータ自動階層化にも対応する。価格は1099万円(税別、以下同)から。

photo Lenovo Storage DX8200C

 DX8200Nは、ネクセンタのSDSソフトウェア「NexentaStor」をレノボ製サーバに搭載した、SANとNASを統合管理できるユニファイドストレージアプライアンス。x86サーバとJBOD(Just a Bunch Of Disks)単位のディスクを組み合せることでPBクラスまで拡張可能。ファイル共有プロトコルとしてCIFS(Common Internet File System)やNFS(Network File System)、接続インタフェースとしてFC(Fiber Channel)やiSCSIなど、複数のプロトコルに対応する。価格は763万円から。

 この他、2016年1月に発表したハイパーコンバージドインフラ製品「Lenovo Converged HXシリーズ」もラインアップを拡充。メインストリームの「HX3000」には、3次元CAD/CAMなどの利用を想定したVDI(Virtual Desktop Infrastructure)環境向けのGPU搭載モデル「HX3510-G」と、ストレージをオールフラッシュ化した「HX3310-F」を追加した。2Uサイズの4ノードモデルとしては、標準モデル「HX3710」の他、オールフラッシュモデルの「HX3710-F」、中堅/中小企業向けのアプライアンス「HX2710-E」をそろえた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。