連載
» 2016年11月15日 05時00分 UPDATE

山市良のうぃんどうず日記(78):Windows Updateが進まない/完了しない/失敗するという悪夢からの脱出――Windows 10/Windows Server 2016の場合 (1/3)

Windows 10/Windows Server 2016向けの累積的な更新プログラム「KB3200970」。筆者のWindows Server 2016サーバの一部でWindows Updateが進まない、完了しない、手動インストールも失敗するというトラブルに遭遇しました。このトラブル解決方法を紹介します。

[山市良,テクニカルライター]
「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

連載目次

更新のダウンロードが進まない、インストールが完了しない/失敗する

 2016年11月9日(日本時間)、Windows 10およびWindows Server 2016向けに提供された「KB3200970」は、幾つかの新しい重要なセキュリティ更新を含む“累積的な”更新プログラムです。「KB3200970」により、Windowsのバージョンは「14393.351(またはそれ以前)」から「14393.447」に更新されます。

 “累積的な”とは、前回までの更新プログラムの内容を全て含むタイプのもので、「Windows Update」でインストールすれば、インストール済みの更新を除く、新しい更新の差分だけがダウンロード、インストールされます。

 Windows 10のWindows Updateに時間がかかるのは「ダウンロードサイズが大きいから」という意見を目にすることがありますが、更新をサボっていない限り、そんなことはないはずです。「KB3200970」はx64版で871.8MBと大きいですが、前回の「KB3197954」との差分は単純計算で44.4MBしかありません。時間がかかるのは差分のスキャンなど、別の理由かもしれません。

 筆者は現在、2016年10月にリリースされたばかりのWindows Server 2016の評価環境のために、物理サーバと仮想マシンで複数台のサーバ環境を構築しています。全て、2016年10月28日(日本時間)公開の累積的な更新プログラム「KB3197954」で、バージョン「14393.351」に更新してありました。

 この評価環境のサーバで2016年11月9日(日本時間)にWindows Updateを実行したところ、一部のサーバで、「KB3200970」を含む更新プログラムのインストールが完了しないという問題に遭遇しました(画面1)。同様のシステム構成でも問題なく完了するサーバもあるため、原因は不明です。もしかしたら、もう数時間待っていたら完了したのかもしれませんが、筆者は待っていられない性分です。

画面1 画面1 更新プログラムのダウンロードが10%から先に進まない。「パフォーマンスモニター」を確認すると、全く通信していない……

 あるサーバは、Windows Updateによるダウンロードが途中でストップしてしまい、一向に進む気配がありません。何度かサーバを再起動してみましたが、改善することはありませんでした。 「Microsoft Update Catalog」から「KB3200970」のファイル(.msu)をダウンロードして、手動でインストールすることで問題を解消できたものもあります。

 しかし、あるサーバは手動インストールでも原因不明のエラーで成功しませんでした。また、あるサーバは、再起動すると「Windowsの準備をしています コンピュータの電源を切らないでください」と表示されたまま数時間変化がありません(画面2)。仕方がないので電源を切ってリセットしましたが、再起動後のバージョンは「14393.351」のままでした。

画面2 画面2 この状態のまま数時間。筆者は待てずに電源ボタンの長押しでリセット
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。