ニュース
» 2016年11月15日 11時00分 UPDATE

インストール簡易化、パフォーマンス強化、開発生産性向上に重点:マイクロソフト、次期バージョン「Visual Studio "15"」での拡張機能に関する強化点を紹介

マイクロソフトは、Visual Studioの次期バージョン「Visual Studio "15"」での拡張機能に関する強化点を紹介した。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年11月10日(米国時間)、Visual Studioの次期バージョン「Visual Studio "15"」(以下、VS 15)での拡張機能に関する強化点を紹介した。VS 15の開発ツール本体と同様に、拡張機能についても、インストールの簡易化、パフォーマンスの強化、開発生産性の向上に重点を置いているとしている。

 今回行われた拡張機能は以下の通り。

  • 拡張機能のパフォーマンス監視システムが導入され、拡張機能がロードやタイプ速度に悪影響を与えている場合、ゴールドの通知バーでユーザーに知らせるようになった
  • 拡張機能の更新やインストールがバッチで実行できるようになり、複数の拡張機能の更新やインストールが容易になった
  • 拡張機能が自身が依存するコンポーネントを検出し、インストールできるようになった。これは、Visual Studioのデフォルトインストールサイズが従来より大幅に小さくなったことに関係している
  • 拡張機能の作者に影響する幾つかのパフォーマンス改善が行われている。その中には、軽量ソリューションロード、拡張機能のNGEN(Native Image Generator)サポートなどが含まれる
  • 「Visual Studio Marketplace」がアップデートされ、拡張機能の検索とインストールが容易になった

 これらの改善により、以下のポイントが改良された。

パフォーマンス

 マイクロソフトはVS 15で、(1)VSのスタートアップパフォーマンス、(2)ソリューションのロードパフォーマンス、(3)全体的な応答性――という3つのパフォーマンスボトルネックへの対処に重点を置いて開発したという。製品自体のパフォーマンスを高めるだけでなく、これらの領域での拡張機能のパフォーマンスを測定し、管理するための機能も追加している。

photo

 システム上の拡張機能のパフォーマンスは、メニューアイテム「Help」→「Manage Visual Studio Performance」を選択して、いつでも確認できる。

拡張機能のバッチインストール

 VS 15では、複数の拡張機能のインストール/更新/削除を一括して行えるようになった。

photo

サイズ

 Visual Studioはリファクタリングによってモジュール化が進められ、必要な機能だけがインストールされるようになっている。

 拡張機能の作者はVSIX(Visual Studio Integration Extension)宣言を拡張して、Visual Studioコンポーネントの依存関係を指定できる。依存関係が失われると、拡張機能のインストーラが足りないコンポーネントを自動的に取得し、インストールするようになっている。

photo

拡張機能の新機能

 標準VSIX拡張フォーマットに対する変更を利用して、拡張機能の作者に役立つ新機能が用意されている。

 例えば、拡張機能アセンブリのインストール時に、NGENによってネイティブイメージとしてコンパイルできるようになり、パフォーマンスが向上する。NGENオプションはPropertiesツールからを指定できる。

photo

 また、拡張機能は、拡張機能フォルダ以外の特定の場所にファイルをインストールすることもできるようになった。これにより、MSBuildタスクをVSIXフォルダからインストールするといった新しいシナリオが可能になる。

photo

軽量ソリューションロード

 VS 15では、軽量ソリューションロードのサポートにより、ソリューションが高速にロードされる。軽量ソリューションロードを有効にすると、プロジェクト作業を開始するまで、プロジェクトの完全なロードは先送りされる。ただし、一般的な機能は保持され、コードベースのナビゲート、コードの編集、プロジェクトのビルドは可能だ。

Visual Studio Marketplaceの強化

 Visual Studio Marketplaceは、新たな拡張機能の発見と容易なインストール/管理のためのツールに生まれ変わる。Visual Studioに加えて、Visual Studio Code、Visual Studio Team Servicesの拡張機能もVisual Studio Marketplaceでサポートされる。これに伴い、これまで展開してきたVisual Studio Galleryは終了する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。