連載
» 2017年03月27日 05時00分 UPDATE

基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](8):Sambaでファイルサーバーを構築しよう (1/3)

本連載は、Linuxサーバーに初めて触れる人、基本から学習したい人に向けて、「CentOS 7」をベースにLinuxサーバーの基礎を解説していきます。今回は、Sambaを使ってファイルサーバーを構築する方法を解説します。

[中島能和,著]

連載目次

たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応

書籍の中から有用な技術情報をピックアップして紹介する本シリーズ。今回は、秀和システム発行の書籍『たった2日でわかる Linuxサーバー Cent OS 7.0対応(2015年2月6日発行)』からの抜粋です。

ご注意:本稿は、著者及び出版社の許可を得て、そのまま転載したものです。このため用字用語の統一ルールなどは@ITのそれとは一致しません。あらかじめご了承ください。


※編集部注:前回記事「Sambaの基本を知っておこう」はこちら

Sambaでファイルサーバーを構築しよう

共有フォルダを作ろう

 それでは、Windowsコンピューターからも利用できる共有フォルダを作ってみましょう。前提となるネットワーク環境と、共有フォルダの仕様は次の通りです。ネットワークの部分は、みなさんの環境で読み替えてください。

共有フォルダの仕様とネットワーク環境
項目 説明
ワークグループ WORKGROUP
サーバー名 CENTOS7
ネットワーク 192.168.11.0/24
共有フォルダ /home/samba
共有名 Public
読み取り 誰でも可能
書き込み 誰でも可能

 まずは共有フォルダとなるディレクトリを作成します。誰もがアクセスできるよう、アクセス権は777(rwxrwxrwx)としておきます。また、後で確認しやすいよう、適当な(ここでは/etc/hosts)ファイルをコピーしておきます。

参考情報

/etc/hostsはホスト名とIPアドレスの対応表となるファイルです。


共有ディレクトリを作成する

 次に、Sambaの設定を行います。Sambaの設定ファイルは/etc/samba/smb.confです。もちろんrootユーザーしか編集できませんので、rootユーザーでこのファイルを開いてください。

/etc/samba/smb.confファイルを編集する

 この設定ファイルの書式は次の通りです。httpd.confと同じですね。ただし、行頭の「;」もコメントになりますから注意してください。

設定項目名 = 値


 変更および追記する箇所は次の通りです。ネットワークの部分は、みなさんのネットワークを確認して書き換えてください。

/etc/samba/smb.confの変更箇所
変更前 変更後
89 workgroup = MYGROUP workgroup = WORKGROUP
92 ; netbios name = MYSERVER netbios name = CENTOS7
95 ; hosts allow = 127. 192.168.12. 192.168.13. hosts allow = 127. 192.168.11.
125 なし map to guest = Bad User

 さらに、以下の内容をsmb.confの末尾に追加します。これが共有の設定です。

/etc/samba/smb.confに追記
[Public]
  comment = Sample Share
  path = /home/samba
  public = yes
  writable = yes
  guest ok = yes
  guest only = yes

 ファイルを保存したら、構文チェックを実施しておきましょう。Sambaの場合は、testparmというコマンドです。

testparmコマンドで構文チェックする

 いったん上記の表示が出て止まります。[Enter]キーを押すと、設定の内容が表示されて終了します。

 「Loaded services file OK.」と表示されていればいいのですが、エラーっぽいものが表示されていれば、確認をしてください。例えば、設定項目名をスペルミスすると、次のようなエラーが表示されます。

testparmコマンドでスペルミスを発見

 3行目に「Unknown parameter encountered(不明なパラメータに遭遇)」と表示され、スペルミスした「workgrpp」が表示されています。ここを修正すればよいわけです

参考情報

smb.confをエディタで開き、表示されたスペルミスで検索をかけると修正場所が見つかります。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。