Special
» 2016年12月12日 07時00分 公開

足かけ6年の大移行プロジェクトを完遂した楽天の「Tech女子」に聞く:楽天市場を支える基幹データベースがOracle Exadataに移行──さらなる成長に向けてバッチ処理時間と運用管理コストを半減 (4/6)

[PR/@IT]
PR

16時間のバッチ処理が8時間に短縮 データベースの運用管理コストは半減

 こうして足かけ6年の大移行プロジェクトが成功した。「移行の検討を開始した当時、完了までにこのくらいの期間がかかることを頭では理解していましたが、それを本当に自分たちがやりきれるのか、想像もつきませんでした」と横内氏は振り返るが、Oracle Exadataへの移行は、その労苦に応える成果をもたらした。

 「移行により、OLTP(オンライントランザクション処理)のパフォーマンスが大きく向上しましたが、より顕著な効果が表れたのはバッチ処理です。楽天市場のデータベースでは、店舗様向けのレポート作成などを行うために、日次でデータを移して集計/加工するという一連のバッチ処理を行っています。従来はこれに16時間を要していたのですが、Oracle Exadataに移行したことで半分の8時間に短縮されました」(横内氏)

 また、この一連のバッチ処理で大半を占めていたデータ集計処理が平均30%高速化された他、データベースバックアップの時間も大幅短縮されている。

 さらにOracle Exadataへの移行によって、前出のページ数制限がなくなり、毎月行っていた夜間のメンテナンス作業が不要になったこともうれしい効果だと横内氏は顔をほころばせる。

 「Oracle Exadataに移行してから、以前のような夜間メンテナンスは1回も行っておらず、夜もぐっすりと眠れるようになりました(笑)。このメリットは本当に大きいです。アプリケーション担当者が夜間メンテナンスにかけていたコストは“守りのコスト”と言いかえられますが、それがなくなったことで、新しいアプリケーションの開発などの“攻めのIT”に工数を割けるようになりました。データベースを使い続けるために特別なメンテナンスを行わずに済むようになったことで、楽天市場にかかわる全てのスタッフが恩恵を受けています」(横内氏)

 メンテナンスに伴う“データベース停止=サービス停止”がなくなったことで機会損失も回避された。それらも踏まえたOracle Exadataのコスト効果を、楽天では「データベースシステムにかかる運用管理コストが半減」と評価している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年1月11日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。