連載
» 2018年10月24日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:Google Chromeでよく使うページをピン止め(固定)する

Google Chromeで常に利用するWebページは、それを開いた状態でタブを固定しておくと便利です。固定されたタブは常に開かれた状態でGoogle Chromeが起動するようになります。

[島田広道, 小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

 PCを起動するたび、Google Chrome(以下Chrome)でWebメールやSNS、何らかの管理画面など常に利用するWebページをいちいち開くのは面倒な作業です。

 Chromeでこうした手間を省く方法のうち、本稿ではWindows版Chromeを対象として、「タブの固定」機能を利用する方法を紹介します。この設定をすると、指定したタブが常に開かれた状態でChromeが起動するようになります。

常時表示したいタブをピン止め(固定)するには?

 まず、ピン止め(固定)したいWebページを開きます。次に、そのタブを右クリックして[タブの固定]をクリックします。

Chromeでタブを固定する Chromeでタブを固定する

 これで、Chromeを再起動しても、固定したタブが常に開いた状態となります。

 固定したタブは左側にそろえられて、固定していないタブと位置を変えることはできません(固定したタブ同士の順番はドラッグ&ドロップで入れ替え可能)。

固定したタブを閉じるには?

 固定したタブからは、タブを閉じるための[×]マークが消えます。しかし、固定したタブを右クリックして表示されるメニューから[タブを閉じる]を選ぶか、タブを選択しておいて[Ctrl]+[W]キーを押せば、そのタブを閉じることができます。

 ただし固定したタブを閉じると、次回のChromeの起動時にはそのタブが開かない([タブを固定]が解除される)ので注意が必要です。

タブの固定を解除して元に戻すには?

 固定したタブを解除する(ピン止めをやめる)には、そのタブを右クリックして表示されるメニューから[タブの固定を解除]を選びます。

Chromeで固定したタブを解除する Chromeで固定したタブを解除する

 これで、タブの固定が解除され(通常タブに変わり)、さらに次回のChrome起動時に自動では開かなくなります。

ピン止めタブの増やし過ぎに注意

 固定したタブの数が多くなると、Chromeの起動がその分遅くなるし、無駄にリソースを消費することになります。本当によく使う、必要最小限のページだけを固定するのがよいでしょう。

グループポリシーではタブのピン止めは設定できない

 Windows OSのエディションがProfessionalまたはPro、Enterpriseといったグループポリシーが適用可能なものであれば、そこで実行されているChromeに対して、グループポリシーで一律に各種設定を反映できます。企業内でActive Directoryを利用してWindows OS関連の設定を統一しているような環境では有用でしょう。

 ただし、タブのピン止めについては、グループポリシーでは設定できないようです。執筆・更新時点で最新のポリシーテンプレート(後述)で、タブのピン止めに関する項目は見つかりませんでした。

 ピン止めとは異なる機能ですが、起動時に特定ページを自動的に開くための設定はグループポリシーで実現できます(タブの固定はできません)。参考までにその手順を紹介しましょう。

 まず、以下のURLからChrome用のグループポリシーテンプレートをダウンロードします(グループポリシーの詳細については、連載「基礎から分かるグループポリシー再入門」を参照してください。)。

 このZIPファイルを解凍し、その中のテンプレートファイルをポリシー配布用の各フォルダへコピーします。

  • ZIP内の\windows\admx\*.admx → 〜\PolicyDefinitions フォルダ
  • ZIP内の\windows\admx\ja-JP\*.adml → 〜\PolicyDefinitions\ja-JP フォルダ

 次にグループポリシーエディタ(gpedit.msc)を起動します。Active Directoryのグループポリシーオブジェクトを操作するなら、「グループ ポリシーの管理」ツールからエディタを起動します。

 グループポリシーエディタの左ペインのツリーに注目し、もしPC単位で設定したければ[コンピューターの構成]、ユーザーアカウント単位で設定したければ[ユーザーの構成]以下のツリーを展開します。そして[管理用テンプレート]−[Google]−[Google Chrome]−[起動ページ]にある[起動時の操作]と[起動時に開くURL]という2つのポリシーの設定を変更します。

グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(1/4) グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(1/4)

 [起動時の操作]については、まず有効にしてから[起動時の操作]で[URLのリストを開く]を選択します。

グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(2/4) グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(2/4)

 [起動時に開くURL]については、有効にしてから[表示]ボタンをクリックし、「表示するコンテンツ」ダイアログが表示されたら対象のWebページのURLを記入します。

グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(3/4) グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(3/4)
グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(4/4) グループポリシーでChromeの起動時に特定のページを開く設定(4/4)

 設定後、必要であればgpupdate /forceコマンドでグループポリシーを強制適用してから、Chromeを再起動してみましょう。グループポリシーで指定したURLのWebページが自動的に表示されるはずです。

■関連リンク


■更新履歴

【2018/10/24】最新版のChromeの情報を反映しました。グループポリシーで起動時に特定ページを開くための設定手順を追記しました。

【2016/12/12】初版公開。


「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

Google Chrome完全ガイド

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。