ニュース
» 2016年12月13日 20時00分 UPDATE

オープンソースPythonモジュール「Pyodbc」を正式サポート:SQL Serverが「Python」との接続性を強化

マイクロソフトがPythonとSQL Serverの接続性を強化したと発表。オープンソースのPythonモジュール「Pyodbc」を正式にサポートし、Jupyter NotebookでもPyodbcを利用できるようになる。

[@IT]

 米マイクロソフトは2016年12月9日(米国時間)、スクリプト言語「Python」と同社のデータプラットフォーム「SQL Server」の接続性を強化したと発表。オープンソースのPythonモジュール「Pyodbc」を正式にサポートした。

 Pyodbc(Python-SQL Server Connector)は、ODBC(Open Database Connectivity)ドライバを使ってSQL Serverに接続できるオープンソースのPythonモジュール。クロスプラットフォーム対応で、任意のプラットフォーム上のPyodbcからオンプレミス/クラウド上のSQL Serverへ接続できる。Pythonのパッケージ管理システム「pip」を使ってインストールが可能だ。

 Pyodbcの正式サポートによって、PyodbcユーザーはMicrosoft Customer Service and Support(CSS)によるサポートを受けられるようになる。また、SQL Serverを使用する「Jupyter Notebook」でPyodbcが利用できるようにもなる。Jupyter Notebookは、ライブコード、数式、画像など、ビジュアル要素を含むドキュメントを作成/共有できるWebアプリケーション。「Azure Notebooks」にて、Pyodbcとその依存関係がインストールされた状態でJupyter Notebookを作成できる。

photo Azure Notebooks」の詳細

 さらに、Django-pyodbc-azureパッケージによって、PyodbcをPython 3.5およびそのWebフレームワークである「Django 1.10」とともに利用することも可能になった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。