ニュース
» 2016年12月15日 10時00分 UPDATE

SQL Server/PostgreSQLなどの源流、エージーテックが日本語版を開発:オープンソースデータベース「Ingres」の法人向け日本語版登場へ 2017年初夏にリリース

エージーテックは、米Actianのデータベース管理システム「Ingres」の日本語版を販売する。Actianと共同開発し、2017年初夏の提供を予定する。

[@IT]

 エージーテックは2016年12月14日、米Actianと結んでいる提携関係を拡張し、新たにオープンソースデータベース管理システム「Ingres(イングレス)」の法人向け日本語版を販売すると発表した。

 Ingresは、1973年に米カリフォルニア大学バークレー校で開発が始まったRDBMS(リレーショナルデータベース管理システム)。その後登場した「Microsoft SQL Server」や「Sybase」はIngresの技術から派生した製品であり、「PostgreSQL」もその基になったとされる。オープンソースの柔軟性とエンタープライズ級の可用性と信頼性を両立するとし、データベースフェデレーション(認証済みのコラボレーション)や、P2P(ピアツーピア)、レプリケーション、地理空間データ型と関数、クラスタリング、C2 RDBMS認証(米政府のセキュリティ評価基準)、ユーザー定義のデータ型などの機能を備える。TCO(総所有コスト)をオープンソースRDBMSと同様に抑えながら、商用RDBMS/エンタープライズクラスの機能性を実現するとうたう。

 エージーテックは、Ingres 10.2をベースにインストーラやユーティリティー、各種ドキュメントの日本語版をActianと共同開発し、法人向けサポートなどを提供し、2017年初夏の提供開始を見込む。価格は、2016年12月現在未定だが、日本のRDBMS市場で競争力のあるライセンスモデルに設定するとしている。製品販売体制やテクニカルサポート、コンサルティング、トレーニングを提供する販売パートナーネットワークも随時構築する。

photo 製品機能比較表(出典:エージ−テック)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。