ニュース
» 2016年12月16日 10時00分 UPDATE

機能は「毎月アップデート」で追加:アドビ、UXデザインツール「Adobe XD」のWindows 10/UWP版を公開

アドビシステムズが、UXデザインツール「Adobe Experience Design」のWindows 10対応版を公開。クロスプラットフォーム対応のモバイルアプリやWebサイトのユーザーインタフェースをデザインできる。「毎月アップデート」で機能を追加していく予定という。

[@IT]

 アドビシステムズは、UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインツール「Adobe Experience Design CC(Adobe XD)」のWindows 10対応UWP(ユニバーサルWindowsプラットフォーム)版を公開した。

 Adobe XDは、WebサイトやモバイルアプリのUX/UI(ユーザーインタフェース)設計を支援するデザイナー向けツール。「プロトタイピング」「デザイン」「シェア」の機能を統合することで、デザイナーがイメージしたものを迅速にプロトタイプ化でき、チームメンバーと共有できる。2016年3月にMac版がリリースされた。

 今回のUWP版は、Mac版の移植ではなく、一からUWP対応アプリケーションとして設計。デザイン要素のレイアウトを素早く行える「リピートグリッド」、インタラクティブに動作するプロトタイプを作成するための「ビジュアルコネクター」など、Webサイトやモバイルアプリをデザインし、プロトタイピングするための主要機能を備える。この他、Mac版に既に備わる「レイヤー機能」「マスク機能」「ぼかし効果」「線形グラデーション」「Creative Cloudを用いたプロトタイプ共有」なども含めて月ペースで機能をアップデートしていく計画という。

photo Webサイト/モバイルアプリのUIをデザインし、素早くプロトタイプを作成できる

 UWP版Adobe XD(β版)は、同社のWebサイトからダウンロードできる。ユーザー登録が必要だが、無償で利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。