Special
» 2016年12月20日 07時00分 公開

クラウドでも、3つの技術を既存のスキルで適材適所に使う:ちょっと待って! そのHadoop、NoSQL、RDBMSの使い分けは正しいの? 最適解をオラクルのビッグデータ製品開発者に聞いた (2/3)

[PR/@IT]
PR

企業レベルのセキュリティを備え、3つの技術を既存スキルで扱えるオラクルのHadoopソリューション

 企業からすれば、データベースの種類が増えたことにより、目的やコストに応じて最適な技術を使い分けられるようになったことは大きなメリットだ。ただし、実際にこれらを使いこなす際には、例えばHadoop環境を適切に構築/利用するためのスキルやノウハウが必要になる。また、Hadoopは既存のRDBMSとはアーキテクチャが大きく異なるため、これを用いたアプリケーションの開発でも新たな技術の習得やノウハウの蓄積が求められる。こうしたことが、Hadoopなど新技術の普及を阻害する要因になっていると見る向きもあるようだ。

 こうした課題を解消するソリューションとしてオラクルが開発したのが「Oracle Big Data Appliance」である。これはハードウェアとソフトウェアを高度なレベルで融合し、事前に最適化したEngineered Systemsの1つであり、HadoopやNoSQLを利用するためのシステム環境を短期間で導入して使い始めることができる。また、オラクルはHadoopやNoSQLに対してRDBMSと同様のSQLで問い合わせが行えるソフトウェアとして「Oracle Big Data SQL」も提供しており、HadoopやNoSQLのデータ活用やアプリケーション開発などにおける新技術習得のコストを大きく低減できるというメリットもある。

 「Oracle Big Data SQLを使えば、RDBMSやHadoop、NoSQLといったデータベースの違いを意識することなく、多くの技術者が使い慣れたSQLによってデータに横断的にアクセスすることが可能となります。また、システム全体としてのパフォーマンスやコストを最適化できます」(ダイク氏)

Oracle Big Data SQLとは

 Oracle Big Data SQLのもう1つのポイントはセキュリティだ。長年にわたって世界中の企業で使われてきたオラクルのデータベース製品には、暗号化やデータアクセス制御をはじめ、豊富な実績を持つさまざまなセキュリティ機構が用意されている。Oracle Big Data SQLを使えば、それらをHadoopやNoSQLのデータにも適用できるのである。

Oracle Big Data SQLのセキュリティ機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年1月19日

関連セミナー

今年秋に発表された、世界初の自律型データベース・クラウドの構想をはじめ最新版Oracle Databaseの最新情報とクラウド時代におけるデータベース基盤の最適化についてご紹介します。 さらにその最新データベース基盤を支えるためのプラットフォーム選択のポイントや導入事例をご紹介いたします。

関連情報

驚異的なパフォーマンス、優れた運用効率、最高の可用性とセキュリティ、クラウド対応を実現するOracle Exadataとの統合、クラウド、可用性や運用管理など、次世代データベース基盤構築のために参考になる必見資料をまとめてご紹介いたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。