ニュース
» 2016年12月20日 12時00分 UPDATE

がん治療用ワクチンの開発を推進する新会社を設立:NEC、創薬事業に参入 先端AI技術群「NEC the WISE」を活用

NECが同社の先端AI技術を用いて創薬事業に参入する。がん治療用ペプチドワクチンの開発と実用化を推進する新会社「サイトリミック」を設立した。

[@IT]

 NECは2016年12月19日、AI(Artificial Intelligence:人工知能)技術でがん治療薬を開発する創薬事業に参入すると発表した。

photo NECの先端AI技術群「NEC the WISE」

 NECは、同社の先端AI技術群「NEC the WISE」の中で、機械学習と実験を組み合わせて、短期間かつ低コストで、ワクチン候補となるペプチドを効率よく発見できるという「免疫機能予測技術」を有している。実際にAI技術を用いた山口大学や高知大学との共同研究と、山口大学での臨床研究により、肝細胞がんや食道がんなどの治療に効果が期待でき、日本人の約85%に適合するペプチドを発見したという。

 こうした技術を基に、NECは同社が発見したがん治療用ペプチドワクチンの開発と実用化を推進する新会社「サイトリミック」を設立。またNECとサイトリミックは、ファストトラックイニシアティブ、SMBCベンチャーキャピタル、NECキャピタルソリューションと、各社を引受先とするサイトリミックの第三者割当増資に合意し、がん治療薬の開発を中心としたヘルスケア事業を推進する。

 2016年11月に薬価が50%引き下げられたがん治療薬「オプジーボ」など、近年、免疫を利用した治療法の1つとして、「がんを攻撃する免疫」を活性化するがん治療用ペプチドワクチンの研究が進められている。ペプチドワクチンの開発には、約5000億通りのアミノ酸配列の中から免疫を活性化するペプチドを発見する必要があり、時間とコストが掛かることが大きな課題となっていた。こういった課題の解決に、NECが持つ先端ICT/AI技術を活用するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。