連載
» 2017年01月02日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Gmailで送信メールに自動的に挿入される署名を設定する(Windows/Mac)

Gmailで送信メールに自動的に挿入される署名を設定する方法を紹介する。

[デジタルアドバンテージ,著]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Gmail(Windows OS/macOS)


 Gmailで送信メールに自動的に署名を挿入するには、以下の手順で署名を設定すればよい。

 Gmailの[設定]−[全般]タブにある[署名:]項目にあるテキストボックスに設定したい署名を書き込んで一番下にある[変更を保存]ボタンをクリックする。複数のメールアカウントを設定している場合は、アカウントごとに別々の署名を設定できるので、テキストボックスの上にあるドロップダウンリストボックスから、設定したいアカウントを選択する。

 Gmailでは、設定した署名の直上に区切り記号として「--」を自動的に挿入する。この「--」を表示しないようにするには、同じく[署名:]項目の一番下にある[返信で元のメッセージの前にこの署名を挿入し、その前の「--」行を削除する]チェックをオンにすればよい。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。