連載
» 2017年01月05日 05時00分 UPDATE

こっそり始めるGit/GitHub超入門(8):2017年、GitHubを始めるために最低限知っておきたい各機能 (1/3)

本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。前回から、GitHubの使い方を紹介している。今回は、検索、Pull requests、Issues、Gist、Projects、Pulse、Graphs、ダッシュボードなど、GitHubの各機能の概要を解説します。

[平屋真吾,クラスメソッド]

GitHubを使い始めてみよう

 本連載「こっそり始めるGit/GitHub超入門」では、バージョン管理システムGit」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。具体的な操作を交えながら解説していきますので、本連載を最後まで読み終える頃には、GitやGitHubの基本的な操作が身に付いた状態になっていると思います。

 前回の記事「はじまりはいつもプルリク? GitリポジトリホスティングサービスGitHubとは」では「GitHub」を使い始めるための準備を解説しました。

 連載第8回目の本稿では、検索、Pull requests、Issues、Gist、Projects、Pulse、Graphs、ダッシュボードなど、GitHubの各機能の概要を解説していきます。

トップページ

 まずは、GitHubにログインした直後に表示される「トップページ」から使用できる各機能を解説していきます。

図1 GitHubトップページ

 トップページはツールバー(図1中の【1】)とダッシュボード(図1中の【9】)で構成されています。

【1】ツールバー

 「github.com」内のどのページでも常に上部に表示されるコンポーネントです。頻繁に使う機能にアクセスすることができます。

【2】ロゴ

 一般的なWebサイトと同様に、クリックするとトップページへ移動できます。

【3】検索バー

 GitHub内を検索する機能を提供します。

 キーワードを入力して「Enter」キーを押すとリポジトリやコード、ユーザーなどを検索できます。

図2 キーワード「swift」で検索した場合の結果

【4】Pull requests

 クリックすると、自分が関わっているプルリクエストを表示するページへ移動できます。

 プルリクエストについては、後ほど解説します。

図3 Pull requests

【5】Issues

 クリックすると、自分が関わっているイシューを表示するページへ移動できます。

 イシューについても、後ほど解説します。

図4 Issues

【6】Gist

 クリックすると、Gistのページへ移動できます。

 Gistは単一のソースコードやコードの断片などを保存したり、シェアしたりするための機能です。リポジトリを作るほどでもない規模のコードをシェアする場合などに役に立ちます。埋め込み用のHTMLを生成できるので、Gistに保存したコードを外部のブログ記事などに埋め込むこともできます。

図5 Gist

【7】Create a new ...

 クリックすると、リポジトリやGistを新規作成するためのメニューを表示できます。

図6 「Create a new ...」をクリックすると表示されるメニュー

【8】ユーザーアイコン

 クリックすると、プロフィールページや設定ページへ遷移するためのメニューを表示できます。

図7 ユーザーアイコンをクリックすると表示されるメニュー

【9】ダッシュボード

 自分に関する情報が表示されます。

 アカウント作成直後の場合、ユーザーガイドやリポジトリ作成ページへ遷移するためのボタンが表示されます。他のユーザーをフォローしたり、リポジトリを作成したりすると、ここに表示される情報が増えます。

図8 他ユーザーのフォロー、リポジトリ作成などを行った後のダッシュボード

 トップページから使用できる各機能の解説は以上です。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Touch Barという新UIを得た「MacBook Pro」、プレゼント!

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。