連載
» 2017年07月05日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windows 10でWindows Updateを手動で実行する

しばらく使っていなかったPCなどは、セキュリティを高めるために早めに更新プログラムを適用しよう。その場合、Windows Updateを手動で実行すればよい。本稿では、Windows 10でWindows Updateを手動で実行する方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10 Creators Update


 Windows 10では、Windows Updateによる更新プログラムの適用をユーザーがコントロールできなくなっており、「更新プログラムをインストールしない」オプションがなく、常に最新の更新プログラムやドライバが自動でインストールされるようになっている。

 しかし、PCの電源をオフにしたまましばらく使っていなかったり、ネットワークに接続できない状態だったりした場合は更新プログラムが適用されないままとなる。そのため、バックグランドでWindows Updateが実行され、意図しないタイミングで再起動が行われてしまう(再起動しない時間帯を設定することは可能だが)など、困ることもある。

 そこで、このような場合は使い始める前に手動でWindows Updateを実行し、更新プログラムを適用してから、Windows 10を使うのがよい。そこで、本稿では手動でWindows Updateを実行する方法を紹介する。なお本文中の画面や操作手順は、Creators Updateを適用したものであり、それ以前のものとは異なる部分もあるので注意してほしい。

 Windows 10で、手動でWindows Updateを実行するには、[スタート]メニュー−[歯車(設定)」アイコン−[設定]−[Windowsの設定]を順にクリックし、[更新とセキュリティ]を選択する。

 [更新とセキュリティ]画面が開くので、左ペインで「Windows Update」を選択し、右ペインで[更新プログラムのチェック]ボタンをクリックすれば、更新プログラムの確認が実行される。

[更新とセキュリティ]の画面 [更新とセキュリティ]の画面
[設定]−[Windowsの設定]−[更新とセキュリティ]((1))を開き、左ペインで[Windows Update]((2))を選択、右ペインで[更新プログラムのチェック]ボタン((3))をクリックする。更新プログラムの確認が実行され、未適用の更新プログラムがある場合は、ダウンロードならびにインストールが行われる。

 更新プログラムがある場合は、「更新プログラムをインストールする準備をしています」などと表示され、更新プログラムの適用が行われる。適用完了後、再起動が必要な場合は[今すぐ再起動する]というボタンが表示されるので、これをクリックする。

更新プログラム適用後の[更新とセキュリティ]の画面 更新プログラム適用後の[更新とセキュリティ]の画面
更新プログラム適用後、再起動が必要な場合は、このように[今すぐ再起動する]ボタン((1))が表示される。すぐに再起動を行う場合は、このボタンをクリックする。また、再起動を特定の日時に行いたい場合は、[再起動のオプション]((2))のリンクをクリックすると、再起動をスケジュールできる。

 また再起動する時間を予約する場合は、「更新プログラムの設定」の[再起動のオプション]のリンクをクリックし、「時刻をスケジュール」のスイッチを「オン」にしてから、時刻と日にちを選択すれば、その時間に再起動が実行される。ただ、更新プログラムは再起動してはじめて適用が完了するので、再起動を先延ばしにすると、その間は脆弱性や不具合が残った状態となる。Windows Updateを実行後に再起動が要求されたら、[今すぐ再起動する]ボタンをクリックして、速やかに再起動した方がよいだろう。

[再起動のオプション]画面 [再起動のオプション]画面
更新プログラム適用後の再起動をスケジュールしたい場合は、「時刻をスケジュール」のスイッチ((1))を「オン」にして、時刻と日にちを設定する((2))。

 適用すべき更新プログラムがない場合や、更新プログラムの適用が完了している場合は、「お使いのデバイスは最新の状態です」と表示されるので、そのままWindows 10を利用すればよい。

Windows Updateを一時的に停止する

 長時間に渡る計算をしていたり、仮想マシンが起動していたりして、Windows Updateによる更新プログラムの適用ならびに再起動を抑制したいこともあるだろう。このような場合は、以下のURLでダウンロードできるフリーソフトウェア「Win Updates Disabler」を利用するとよい。

 「Win Updates Disabler」を実行して、[無効にする]タブで「Windowsアップデートを無効にする」にチェックを入れ、[今すぐ適用]ボタンをクリックすれば、再起動後、Windows Updateが無効化される。

「Win Updates Disabler」の画面 「Win Updates Disabler」の画面
Windows Updateを一時的に停止したい場合は、フリーソフトウェアの「Win Updates Disabler」を利用するとよい。「Win Updates Disabler」を実行し、[無効にする]タブ((1))を開き、「Windowsアップデートを無効にする」((2))にチェックを入れて、[今すぐ適用]ボタン((3))をクリックする。再起動後、Windows Updateが無効化される。

 「Win Updates Disabler」でWindows Updateを無効化すると、上述の手動によるWindows Updateも実行できなくなる。更新プログラムを適用したい場合は、「Win Updates Disabler」を実行して、[有効にする]タブで「Windowsアップデートを有効にする」にチェックを入れて、[今すぐ適用]ボタンをクリックする。再起動後、Windows Updateの手動実行が可能になる。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。