ニュース
» 2017年01月10日 10時00分 UPDATE

ルノー・日産連合が採用:マイクロソフト、コネクテッドカー向けプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表

マイクロソフトがコネクテッドカー向けクラウドプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表。ルノー・日産ら、自動車メーカーと連携して展開する。

[@IT]

 米マイクロソフトは2017年1月5日(米国時間)、自動車メーカー向けのクラウド型コネクテッドカープラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表。「Microsoft Azure」上に構築するサービスセットとして、2017年後半にパブリックプレビューをリリースする予定としている。

photo Microsoft Connected Vehicle Platformの仕組み

 Connected Vehicle Platformは、車載OSや完成品ではなく、「クラウドを基盤に、俊敏に変化していくための車載向けプラットフォーム」と位置付けられ、5つの中核シナリオ「予測型メンテナンス」「車内生産性の向上」「ナビゲーションの高度化」「顧客インサイトの獲得」「自動運転機能の開発」の実現を目的に挙げる。Connected Vehicle Platformをハブにして車から生成される各種データをクラウドへ取り込み、自動車メーカーを中心とするパートナーがそれらのデータを効果的に活用できるように支援する。

 自動車メーカーでは、ルノー・日産連合がConnected Vehicle Platformの採用を正式に表明。ルノー・日産連合は、高度なナビゲーション、予測型メンテナンス、各種機能のリモート監視といった機能を備えた次世代のコネクテッドカーを、Connected Vehicle Platformを利用して開発していくと述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。