連載
» 2017年01月10日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Gmailで自動振り分けを設定する

Gmailで自動振り分けを設定する方法を紹介する。

[デジタルアドバンテージ,著]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Gmail(Windows OS/macOS)


 メールマガジンやダイレクトメールなどが毎日何十通も届く人も多いのではないだろうか。こうしたメールは、すぐに読む必要はないので、Gmailの自動振り分け機能を使って、受信トレイをスキップするようにすると便利だ。その方法を紹介しよう。

  1. Windows OS/macOSのWebブラウザでGmailを開く。
  2. 自動振り分けを行いたいメールを開き、送信者名横の下矢印(▼)をクリックする。
  3. プルダウンメニューから[メールの自動振り分け設定]を選択する。
  4. [フィルタ]画面が開くので、送信元(From)や送信先(To)、件名などのメールの条件を編集し、[この検索条件でフィルタを作成する]をクリックする。
  5. 「この検索条件に一致するメールが届いたとき」画面では、設定した条件に合致したメールが届いた際の挙動を設定する。メールマガジンのように、後で読めばよいようなメールは、「受信トレイをスキップ」にチェックを入れ、「ラベルを付ける」にチェックを入れて、「メールマガジン」といったラベルを付ければよい。
  6. [フィルタを作成]ボタンをクリックすれば、次回に届いたメールからフィルタが適用されて、自動振り分けが行われる。なお、すでに受信トレイに届いたメールにも適用する場合は、「一致する*件分のスレッドにもフィルタを適用する」にチェックを入れればよい。
「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。