連載
» 2017年01月13日 05時00分 UPDATE

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(14):第2話 「ヤクーツクのレナ川」を覚えているか (1/12)

20XX年、生ける死者「Z」防衛の任に当たる、JSPKF(特殊治安維持部隊)。元プログラマーの谷少尉率いる第1分隊は、クリスマスを彩る物資を調達する特殊任務に任命された。物資不足の折、七面鳥やツリーなどの贅沢品は手に入れられるのだろうか――。

[原作 リーベルG, 脚色 青木健生, 脚色協力 小堀京二, 作画 武喜仁,@IT]

前回までのストーリー

 20XX年、人類の存亡を賭けて世界規模で繰り広げられた生ける死者「Z」との戦いが収束し、市民は物資の困窮に悩みながらも日々の生活を取り戻しつつあった。

 12月上旬、港北基地でZ防衛の任に当たるJSPKF(特殊治安維持部隊)第1分隊の谷少尉に、風変わりなミッションが下された。「オペレーション☆ひいらぎ」と呼ばれるそのプロジェクトの必達目標は、七面鳥やツリーなどクリスマスの物資を調達するというもの。“本物”にこだわる欧米系隊員たち、そろわぬ物資――そしてクリスマス前夜、あるものが忽然と消失した。

登場人物

谷少尉

谷少尉 :JSPKF 第1分隊 分隊長 元プログラマー


ブラウンアイズ

ブラウンアイズ:JSPKF 第1分隊 隊員 本名 長瀬アリュケーア


サンキスト

サンキスト :JSPKF 第1分隊 隊員


ヘッジホッグ

ヘッジホッグ :JSPKF 第1分隊 隊員


スクレイパー

スクレイパー :JSPKF 第1分隊 隊員


キトン

キトン :JSPKF 第1分隊 隊員


アンダーソン

アンダーソン :JSPKF 技術部 通信技術課 課長


原作「ひいらぎ飾ろう@クリスマス」

書籍版「Press Enter■」

ITエンジニア小説「レッドビーシュリンプの憂鬱」(旧題:罪と罰)

著者:リーベルG

中堅ITベンダーのWebシステム開発部で働くエンジニア、箕輪レイコ。業績不振のWebシステム開発部に、部長の瀬川が突然コンサルの男――ソフトウェア・エンジニア労働環境向上推進協会、通称「イニシアティブ」の代表を名乗る五十嵐――を連れてくる。五十嵐が実行する思い切った改革に、レイコたち若手エンジニアは賛同し成果を出す一方、ベテランエンジニアたちは反発し、五十嵐と対立していく……。五十嵐さんの描き下ろしエピソード付き

※この漫画、および原作はフィクションです。実在する団体、個人とは一切関係ありません。また登場する技術や製品が、現実に存在していないこともあります





ブラウンアイズ「七面鳥(ターキー)ではなく、チキンじゃダメですか?」



アンダーソン「冗談だろ……? ターキーとチキンは別物だ。私たちがこれからの1年を乗り切るためには、聖夜(クリスマス)のローストターキーが必須なんだよ」



アンダーソン「日本人も正月にはおせちとお餅を食べるだろ? どうする? お餅が手に入らないから絵に描いた餅で我慢しろと言われたら」



ヘッジホッグ「わ……分かりました! 分かりましたよッ!」



ヘッジホッグ「まったく……10体のZを相手にする方がマシだな」ブラウンアイズ「確かに」


       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。