Special
» 2017年01月18日 07時00分 公開

既存のVMware環境を“修正なし”でパブリッククラウドへ移行:知ってる? “VMwareユーザーのためのクラウド”があるって! それが「Oracle Ravello Cloud Service」 (1/3)

VMwareユーザーのために作られたパブリッククラウドがあるのをご存じだろうか? オラクルが2016年2月に買収したラベロ・システムズの技術を用いた「Oracle Ravello Cloud Service」だ。これを使えば、オンプレミスのVMware環境を“修正なし”でパブリッククラウドに移行できる。[パブリッククラウド][Oracle Cloud]

[PR/@IT]
PR

既存のVMware環境を“そのまま”パブリッククラウドへ移行可能に

photo 米オラクル Oracle Ravello Cloud Service 製品開発担当バイスプレジデントのナヴィン・R・サダニ氏

 「システムの柔軟性をより高めたい」「もっとコストを削減したい」といった目的から、オンプレミスで運用しているVMwareによるプライベートクラウド環境をパブリッククラウドに移行したいと考える企業は多い。こうしたニーズに応えるクラウドサービスが「Oracle Ravello Cloud Service」だ。この技術を開発した米ラベロ・システムズ(Ravello Systems)が2016年2月にオラクルに買収されたことに伴い、現在はOracle Cloudのサービスの1つとして提供されている。先頃来日したラベロ・システムズの創業者ナヴィン・R・サダニ氏に、同サービスの特徴や活用メリットを聞いた。

 Oracle Ravello Cloud Serviceは、サーバやネットワーク、ストレージを含め、オンプレミスで稼働するVMware環境を丸ごとパブリッククラウドに移行できるサービスである。ラベロ・システムズを立ち上げ、2017年1月現在はオラクルでOracle Ravello Cloud Serviceの製品開発担当バイスプレジデントを務めるサダニ氏は、Ravelloを開発した狙いを次のように説明する。

 「私は以前、クムラネット(Qumranet)でLinux向けハイパーバイザーであるKVMの開発と提供に従事していました。この会社は2008年にレッドハット傘下に入り、その後は同社で仮想化事業やクラウド事業の推進を担当しました。

 その当時から、多くの企業がVMwareによる仮想化環境を利用しており、一方でパブリッククラウドが新たな企業コンピューティング環境として台頭し始めていました。私はその状況を見て、『VMwareでアプリケーション環境を構築した企業は、いずれ大きな壁にぶつかる』と直感しました。なぜならば、VMwareの上に構築したシステム環境をパブリッククラウドに移行するのは容易ではなかったからです。そこで、新たな会社を作り、この問題を解決するソリューションを開発しようと考えました。そのソリューションが、現在のOracle Ravello Cloud Serviceに他なりません」

 Oracle Ravello Cloud Serviceの最大の特徴は、Webサーバやアプリケーションサーバ、データベースサーバといった仮想サーバ群、そしてロードバランサーやルーター、ファイアウォールなどで構成されるネットワーク環境をカプセル化し、仮想マシンの変換を行ったり、それぞれのホスト名やIPアドレスといったネットワーク構成を変えたりすることなく、VMwareによって構築したシステム環境をそのままパブリッククラウド上に再現できる点だ。移行先のパブリッククラウドとしては、Oracle Cloud、Amazon Web Service(AWS)、Google Cloud Platformのいずれかが条件に応じて自動的に選択される。これにより、アプリケーションの改修やサーバの設定変更などを行うことなく、素早くパブリッククラウドに移行することが可能となる。

Ravello CloudによるVMware環境をクラウド化するまでの流れ
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年2月19日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。