連載
» 2017年01月18日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Windows 10で「スタートアップ」にプログラムを登録する

Windows 10で、起動時にプログラムが自動実行されるように、[スタート]メニューの[スタートアップ]フォルダにプログラムのショートカットを登録する方法を紹介する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 8/8.1、Windows 10、Windows Server 2012/2012 R2/2016


 Windows OSを起動した際に、特定のアプリケーションを実行させるようにするには、[スタートアップ]フォルダにアプリケーションのショートカットを登録すればよい。

 Windows 7までは、[スタート]メニューに[すべてのプログラム]−[スタートアップ]フォルダがあったため、比較的簡単に登録ができた。しかしWindows 8以降、[スタートアップ]フォルダが表示されなくなったため少々登録方法が分かりにくくなっている。

 Windows 10の場合、デフォルトでは以下の場所が[スタートアップ]フォルダとなるので、エクスプローラでこのフォルダを開き、起動時に実行させたいプログラムのショートカットをコピーしておけばよい。

ユーザーごとの[スタートアップ]フォルダのパス

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup


全ユーザー共通の[スタートアップ]フォルダのパス

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup



エクスプローラで[スタートアップ]フォルダを開く エクスプローラで[スタートアップ]フォルダを開く
エクスプローラで辿って開くには、[C]ドライブ−[ユーザー]−[<ユーザー名>]−[AppData]−[Roaming]−[Microsoft]−[Windows]−[スタート メニュー]−[プログラム]((1))の順に開けばよい。ここの[スタートアップ]フォルダ((2))にプログラムのショートカットをコピーすれば、そのプログラムが起動時に実行されるようになる。

 なお、デフォルトではAppDataフォルダが隠しフォルダになっているため、エクスプローラで辿るには、以下の手順で隠しフォルダを表示する設定をする必要がある。

隠しフォルダを表示する 隠しフォルダを表示する
エクスプローラを実行し、[表示]メニュー(((1))を開いて、「隠しファイル」((2))のチェックを入れればよい。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。