ニュース
» 2017年01月19日 11時00分 UPDATE

Oracle Databaseを稼働させるIaaSの選択肢を拡充:オラクル、Oracle Database Cloud ServiceのベアメタルオプションとIaaSの新サービスを追加

オラクルが「Oracle Cloud Platform」の機能拡張を発表。Oracle Database Cloud ServiceのベアメタルオプションとIaaSプラットフォームにおける新サービスを追加する。

[@IT]

 米オラクルは2017年1月17日(米国時間)、米国で開催された自社イベント「Oracle CloudWorld NewYork 2017」でクラウドサービス「Oracle Cloud Platform」の機能拡張を発表。データベースクラウドサービス「Oracle Database Cloud Service」を高パフォーマンスのベアメタルコンピュートサーバ上で利用するオプションと、「Oracle Cloud Infrastructure as a Service(IaaS)」における新たな仮想マシン、ロードバランサー、ストレージ機能の新サービスをリリースする。

 これらの新機能によりOracle Cloud Platformは、性能を区分するデータベースサービス、より密に統合されたIaaS機能を提供し、顧客が容易に基幹アプリケーションをクラウドで開発、テストし、展開することが可能となるとしている。

 Oracle Database Cloud Serviceは、従来の仮想サーバに加えて、高パフォーマンスのベアメタルコンピュートサーバでも利用可能になる。このオプションにより、エンタープライズワークロードの開発、テスト、デプロイに対応する。新たなIaaSプラットフォームでOracle Databaseを稼働することで、主要なクラウドデータベースプロバイダー比で50倍以上の性能を実現できるとしている。

photo Oracle Cloud Database Serviceのベアメタルオプション

 Oracle Cloud Platformにおける新たなIaaSサービスでは、ベアメタルのコンピュートサーバ、ブロックボリューム、オブジェクトストレージと同じ低レイテンシ、高パフォーマンスのVirtual Cloud Network(VCN)で動作する1/2/4コアの仮想マシン(VM)を提供。この他、新しいロードバランシングサービスにおいて、幅広いアプリケーショントラフィック、高可用性、セキュリティニーズをサポートする100Mbps、400Mbps、8Gbps、3つのプロビジョニングされた帯域幅が用意される。オブジェクトストレージでも、新しいブロックストレージオプション(2TB)と保存データの暗号化機能が利用できるようになる。

 オラクルの製品開発担当プレジデントであるトーマス・クリアン氏は、「こうした最新の投資により、Oracle Cloudは、Oracle Database、またはサードパーティーのデータベースを使ったアプリケーションを開発、テスト、スケーリングするための明確な道筋を提示している」と述べ、さらに、Oracle Cloudの特徴を次のように説明した。

 「私たちは、顧客がクラウドへ移行してビジネス戦略を加速するための最も包括的なアプローチを提供している。オラクルは、オンプレミスアプリケーションと100%の互換性を持つ、リレーショナルデータベースクラウドサービスの最も幅広く強力な選択肢を提供している。顧客は簡単かつシームレスに、エンタープライズワークロードをクラウドへ移行できる」(クリアン氏)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。