ニュース
» 2017年01月20日 11時20分 UPDATE

コンテナでの稼働に最適化されたLinuxディストリビューション:マイクロソフト、インテルの「Clear Linux」をAzure Marketplaceで提供

Azure Marketplaceで、クラウド/データセンター向けLinuxディストリビューション「Clear Linux」の提供が開始された。

[@IT]

 米マイクロソフトは2017年1月18日(米国時間)、Microsoft Azure上で稼働するクラウドアプリケーション/サービスのマーケットプレース「Azure Marketplace」で「Clear Linux OS for Intel Architecture」の提供を開始したと発表した。

photo Clear Linux ProjectのWebサイト

 Clear Linuxは、クラウドやデータセンター向けにコンテナでの稼働に最適化された、米インテルが開発したオープンソースLinuxディストリビューション。インテルアーキテクチャのパフォーマンスを最大限に引き出せるようにチューニングされている。マイクロソフトによると、Clear Linuxがパブリッククラウドサービスで提供されるのは今回が初。Azure Marketplaceでは、以下のイメージが公開される。

  • Clear Linux OS Basic:検証用、あるいはClear Linuxで独自に採用されている機能セットでシステムを拡張するためのベアボーンVMイメージ
  • Clear Linux OS - Containers:Dockerコンテナのランタイムを含むコンテナイメージ
  • Clear Linux OS - Machine Learning:一般的なオープンソースツールを含め、機械学習アプリケーションを開発するためのサンプルソリューションイメージ

 またClear Linuxでは、「バンドル」と呼ばれる独自の機能セットを利用することで、例えばシステムアップデートのようなシナリオを新しいカーネルで実行し、カーネルの更新とリブートが数秒で完了する仕組みを実装する。

photo カーネルの更新とリブートが数秒で完了する

 マイクロソフトは、Azure MarketplaceでのClear Linuxの提供意図を、「ハイブリッドクラウドを使用するLinuxユーザーへの優れた体験の提供のためにマイクロソフトが継続的に力を入れている表れ。また、Azureのオープン性と柔軟性を端的に示す例でもある」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。