Special
» 2017年01月23日 07時00分 公開

DevOpsをクラウドで実践する企業へ:パブリッククラウドとオンプレミスを自在に監視&分析 統合アプリケーション運用管理サービス「Oracle Management Cloud」 (2/3)

[PR/@IT]
PR

アプリケーションがどこで稼働していても、エンドツーエンドで稼働状況を可視化

photo 日本オラクルDatabase&Exadataビジネス推進本部 シニアマネジャーの平井克人氏

 それでは、Oracle Management Cloudの各機能は、具体的にどのような特徴を備えているのか。

 平井氏によれば、まずAPMはアプリケーションに関するエンドユーザーの操作情報や、フロントエンドとサーバ側双方のパフォーマンス情報、そしてITインフラを含む情報などを集約し、分かりやすくビジュアライズするサービスである。

 「ビジュアライズの対象としては、アプリケーションへのアクセス件数、レスポンスタイム(平均、最大など)、エラー件数、エラー発生率などをロケーション別に表示できるほか、リクエスト単位でのパフォーマンスやエラー発生状況のヒートマップ表示、ページやサーバごとのパフォーマンス情報サマリーなども取得できます。また、Server Request画面では、リクエストに対するパスをダイヤグラム表示できる機能も搭載されており、ボトルネックやエラー発生箇所の特定にも役立ちます」(平井氏)

Application Performance Monitoringで、アプリケーションのパフォーマンスをエンドツーエンドで見える化できる
Application Performance Monitoringで、アプリケーションのアクセス状況をロケーション別に可視化できる

 Log Analytics Cloud Serviceは、アプリケーションに加えて、クラウドやオンプレミスで稼働するシステムの構成要素からログを取得して一元管理することができるサービスである。ログをリアルタイムに集計/分析し、異常の監視や検索などが行える。「ログを時系列で整理したり、ログの内容に基づいてクラスタリングを行ったり、システムを横断したエラーメッセージの抽出を行ったりすることが可能であり、発生している問題の原因究明、障害の未然に防止するための分析などに活用できます」と平井氏は説明する。

Log Analytics Cloud Serviceでは、アプリ、クラウド/オンプレミスで稼働するシステムの構成要素からログを取得して、一元管理できる
Log Analytics Cloud Serviceでは、収集したアプリケーションとシステムログの関連性をひも付けて、時系列に表示できる

 IT Analytics Cloud Serviceは、主にアプリケーションの稼働に必要なITリソースに関する各種情報を集約して可視化するサービスである。

 「将来的に必要となるITリソースのキャパシティープランニングに加えて、アプリケーションの可用性に影響を与えるプラットフォーム上の課題の特定、システムを構成する各コンポーネントの設定情報の検知と修正などが行えます」(平井氏)

IT Analytics Cloud Serviceで、アプリケーションサーバの稼働に必要なITリソースに関する情報を可視化できる
IT Analytics Cloud Serviceで、アプリケーションサーバのパフォーマンス分析の結果もビジュアル表示できる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年2月22日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。