ニュース
» 2017年01月25日 11時20分 UPDATE

2020年までに2倍以上に市場規模が拡大:世界ロボティクス市場、2020年までにアジア太平洋地域で市場の3分の2以上を占める IDC予測

IDCジャパンが2020年までの世界ロボティクス市場予測を発表。産業ロボット分野を中心とする同市場は2020年までに1880億ドル規模と、2016年の市場規模から2倍以上に拡大すると見込まれ、特に日本を含むアジア太平洋地域は同市場全体の3分の2以上を占めると予測される。

[@IT]

 IDCジャパンは2017年1月24日、2020年までの世界ロボティクス関連市場予測を発表した。

 この市場には主に、産業用ロボットシステムを中心に、ITを活用したその周辺システムであるハードウェア、ソフトウェア、ロボット関連サービス、ドローン、ソリューション、コンシューマー向け製品などが含まれる。同市場は2020年までに年間1880億ドル(約21兆円)規模と、2016年規模の約915億ドルから2倍以上に拡大すると予測される。

 2016年現在、ロボティクス関連市場の支出は製造業が過半数を占めている。2016年の産業分野別割合は、組み立て/製造が31%、プロセス製造が28%。組み立て/製造では組み立て、溶接、塗装など、プロセス製造ではミキシングが最大のユースケースとなっている。この状況は2020年まで続き、この2つの産業分野の支出額は、2020年までに約1100億ドル(約12兆円)規模に達すると予測される。

photo 世界ロボティクス関連市場 ユースケース別支出額構成比 2016年(出典:IDC Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide, 2016H1)

 この他、資源(2016年支出額は約80億ドル)、コンシューマー(同約65億ドル)、医療(同約45億ドル)の3分野も伸長。2020年までにコンシューマー、医療、小売りの3分野で特に高い成長率が見込まれている。

 地域別で見ると、2020年までに日本を含むアジア太平洋地域が世界のロボティクス関連市場の3分の2以上を占めるとし、成長が最も著しい地域になると予測される。日本に限定しても、2020年には2015年の2.3倍の市場規模になると見込まれる。

photo 日本ロボティクス関連市場 ユースケース別支出額構成比 2016年(出典:IDC Worldwide Semiannual Commercial Robotics Spending Guide, 2016H1)

 米IDC Manufacturing Insightsのロボティクスリサーチディレクターを務めるジン・ビン・チャン氏はロボティクス関連市場が急伸する背景として、「昨今、ITを効果的に活用したロボティクスは第4次産業変革に欠かせないものと認知されつつあり、具体的に事業生産性や効率性を著しく高めた事例が出始めている。私たちが注目している有力ロボティクス関連企業の中には、直近2〜3年の年間平均成長率が自動車業界の2倍を超える企業もある」と述べている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。