連載
» 2017年01月27日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Excelファイルにパスワードを付けて保護する(Excel 2010/2013/2016編)

Excelファイルにパスワードを設定し、パスワードを知らないと開けないようにしたり、編集できないようにしたりする方法を紹介する。大事な情報が含まれたExcelファイルにはパスワードを設定して、情報が漏えいするのを防ぐとよい。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Excel 2010/2013/2016


 重要な情報を含むExcelのファイルには、パスワードを付けておきたいということもあるだろう。そのような場合、ExcelのファイルをZIPファイルにアーカイブして、ZIPファイルにパスワードを付けているケースをよく見かける(TIPS「ZIPファイルにパスワードを付ける」も参照)。だがこの方法だと、いちいちZIPファイルにまとめてからパスワードを付ける必要があるし、内容を更新した時にはまた再設定する必要があるなど、面倒である。

 実は、Excelのファイル自体にパスワードを付けて、ファイルを開く際や編集する際にパスワードが要求されるようにすることができる。これならZIPファイルにする手間は不要だし、再編集時にパスワードを付け忘れることもないだろう。Excelファイルにパスワードを付ける方法を紹介しよう。

[名前を付けて保存]ウィンドウの画面 [名前を付けて保存]ウィンドウの画面
Excelファイルにパスワードを設定するには、[名前を付けて保存]でファイルを保存する。
  (1)[名前を付けて保存]を選択する。

[名前を付けて保存]ダイアログの画面 [名前を付けて保存]ダイアログの画面
[名前を付けて保存]ダイアログで[ツール]ボタン((1))をクリックし、表示されたプルダウンメニューから[全般オプション]((2))を選択する。

[全般オプション]ダイアログでパスワードを入力する [全般オプション]ダイアログでパスワードを入力する
[全般オプション]ダイアログが表示されるので、ファイルを開く際のパスワードを設定するには「読み取りパスワード」((1))に、ファイルを編集する際のパスワードを設定するには「書き込みパスワード」((2))にパスワードを入力する。「読み取り専用を推奨する」((3))にチェックを入れると、ファイルを開く際に読み取り専用で開くかどうかの確認メッセージを表示するようになる。

[パスワードの確認]ダイアログの画面 [パスワードの確認]ダイアログの画面
[パスワードの確認]ダイアログ((1))が表示されるので、ここで[全般オプション]ダイアログで設定したパスワードをもう一度入力する。「読み取りパスワード」と「書き込みパスワード」の両方を設定した場合は、それぞれのパスワードの確認ダイアログが表示される。

 あとは、通常通りにファイルを保存すればよい。これでExcelファイルにパスワードが設定され、Excelファイルを開く際もしくは編集する際(または両方の場合)においてパスワードの入力が求められるようになる。

●パスワードを解除する

 設定したパスワードを解除するには、[名前を付けて保存]−[全般オプション]ダイアログで設定したパスワードを削除して、空欄にすればよい。

[全般オプション]ダイアログで設定済みのパスワードを削除する [全般オプション]ダイアログで設定済みのパスワードを削除する
パスワードを解除するには、[全般オプション]ダイアログで設定済みのパスワード((1))を削除すればよい。

●パスワードが付けられたExcelファイルを開く

 パスワードが付けられたExcelファイルを開くと、パスワードの入力ダイアログが表示される。「読み取りパスワード」を設定した場合、ここでパスワードを入力しないとExcelファイルを開くことができない。また、「書き込みパスワード」を設定した場合、パスワードを入力すると編集が可能になり、パスワードを入力せずに[読み取り専用]ボタンをクリックした場合は読み取り専用としてファイルが開く。

「読み取りパスワード」を設定したExcelファイルを開いた場合 「読み取りパスワード」を設定したExcelファイルを開いた場合
「読み取りパスワード」を設定したExcelファイルを開くと、このようにパスワードの入力((1))が要求される。正しいパスワードを入力しないと、Excelファイルを開くことができない。

「書き込みパスワード」を設定したExcelファイルを開いた場合 「書き込みパスワード」を設定したExcelファイルを開いた場合
「書き込みパスワード」を設定したExcelファイルを開くと、上書き保存するためのパスワードの入力((1))が要求される。パスワードが分からない場合、[読み取り専用]ボタン((2))をクリックすれば、読み取り専用としてファイルを開くことができる。ただし、読み取り専用としてファイルとして開いた場合は、編集したファイルを上書き保存することができない。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。