Special
» 2017年02月01日 07時00分 公開

成功の鍵は社外クラウド─自社システム間の強固なデータサービス基盤:全日本空輸が国際線予約サービスのデータ提供基盤に「Oracle Exadata」を採用 国際線のインバウンド予約が増加 (3/3)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3       

システム刷新により国際線のインバウンド予約が増加

 国際線予約システムは、Altéaから出力されたデータのうちトランザクショナルなデータについては「Oracle SOA Suite」および「Oracle B2B for EDI」でフォーマット変換を行い、その他のデータはOracle Exadata上で動作する「Oracle Data Integrator」でETL(Extract/Transform/Load)処理を行った後、それぞれから各社内システム向けにデータを出力するプラットフォームとして実現された。その結果、国際線のインバウンド予約が増加したほか、他のスターアライアンスメンバー航空会社を利用した際のマイレージ獲得/利用がスムーズに行えるようになるなど、シームレスな顧客サービスの実現にも寄与している。

ANAクラウド連携基盤のシステム構成

 Oracle Exadataの圧倒的なパフォーマンスも大きなメリットをもたらした。今回のシステム刷新で1日当たりの最大トランザクション数が最大30万まで増強されたことによって運用効率が向上し、国際線フライト予約などパートナーエアライン間とのリアルタイムトランザクションが毎秒30件、1日当たり最大25万件までスピーディに処理できるようになった。なお、当然ながらゴールデンウイークやシルバーウイークなどの大型連休にはトランザクション量が急増するが、そうした期間中も処理遅延を抑えることが可能となり、これが顧客満足度の向上にもつながっている。

 運用面で大きな効果をもたらしたのは、Oracle Exadataとともに導入された「Oracle Enterprise Manager 12c」だ。高度にビジュアル化された直感的なユーザーインタフェースによりシステム保守などの作業が効率化/簡素化され、運用担当者の負担が軽減されたほか、障害発生時には原因箇所の特定と復旧が迅速に行えるようになり、エアライン業務の円滑かつ安定的な遂行が保証された。

 加えて、柔軟性の高いデータベースプラットフォームが実現されたことで、旅客情報や予約種別などに関してAltéa側で頻繁に生じるデータ形式の変更に容易に対応できる環境が整えられた。これも、Oracle Exadataを中心に構築された新システムの大きな利点である。

 今日、さまざまな業界で“業界標準”のクラウドサービスが登場しており、これを活用することで業界規制へのスピーディな対応や企業間システム連携の円滑化、自社IT負担の軽減を図る企業が増えている。ただし、それらのサービスも活用した独自の顧客サービスや社内におけるデータ活用を成功させるためには、外部サービスとの強固なデータ提供基盤やデータ提供サービス基盤が不可欠となるケースが少なくはない。Oracle Exadataをはじめとするオラクル製品によりAltéaと社内システムのデータ連携基盤を構築したANAの取り組みは、まさにその成功例だと言えよう。

関連資料

Oracle Exadataにより、従来のシステム基盤では成し得なかったさまざまなIT改革/ビジネス改革を成し遂げた企業の最新事例をダウンロード資料としてまとめました。ぜひ併せてご覧ください。

※ダウンロードにはTechTargetジャパンへの会員登録が必要です


photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年2月28日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。