連載
» 2017年02月07日 05時00分 UPDATE

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(28):Azure ADドメインサービスの提供リージョンが拡大、東西日本も対応

「Azure ADドメインサービス」は、2016年10月から一般提供が始まったクラウドベースのID管理サービスです。これまで、このサービスを提供するリージョンはごく一部に限られていましたが、東西日本を含む10のリージョンからの一般提供が始まりました。

[山市良,テクニカルライター]
「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

連載目次

リージョンの拡大でAzure ADの導入が容易に

 「Azure ADドメインサービス」は、Azure Active Directory(Azure AD)のオプション機能であり、Azure ADと同期されたほぼフル機能のActive Directory環境を簡単に導入し、メンテナンスフリーで利用できるマネージドサービスです。2016年10月に一般提供が始まりました。

 一般提供開始当初、Azure ADドメインサービスを提供するリージョンは少数に限定されていましたが、2017年2月より、東日本/西日本リージョンを含む10リージョンが追加されました(画面1)。

画面1 画面1 東日本/西日本リージョンを含む10リージョンが新たにAzure ADドメインサービスを提供する

 今回、新たに追加されたのは以下の「(新)」で示した10リージョンです。2017年2月現在、21のリージョンでAzure ADドメインサービスを利用できます。

  • 米国東部
  • 米国東部2
  • 米国中部
  • 米国中北部(新)
  • 米国中南部
  • 米国中西部(新)
  • 米国西部
  • カナダ東部(新)
  • カナダ中部(新)
  • ブラジル南部(新)
  • 北ヨーロッパ
  • 南ヨーロッパ
  • 東南アジア
  • 東アジア
  • オーストラリア東部
  • オーストラリア中南部
  • インド中部(新)
  • インド西部(新)
  • インド南部(新)
  • 東日本(新)
  • 西日本(新)

構成は「Azureクラシックポータル」から

 Azure ADドメインサービスは、クラシックデプロイモデルのAzure仮想ネットワークに接続され、Azure仮想マシンにActive Directoryドメイン環境を提供します。そのため、日本からの利用はこれまで、国外のリージョンに導入する必要がありました。仮想ネットワーク間の相互接続により、日本のリージョンに配置されたAzure仮想マシンをサポートすることはできましたが、IDは国外に保存され、管理されるという状況でした。

 今回、日本のリージョンでも利用可能になったことで、完全に日本国内だけで、Azure ADドメインサービスとAzure仮想マシンを実行するIaaS(Infrastructure as a Service)環境を準備できるようになります(画面2)。

画面2 画面2 東西日本リージョンのAzure ADにおいて、東西日本リージョンの仮想ネットワークでのAzure ADドメインサービスの構成が可能になった

 なお、引き続き、Azure ADドメインサービスの構成は「Azureクラシックポータル」から行う必要があります。また、「Azureリソースマネージャー」のIaaS環境とは、VNETピアリングによる仮想ネットワーク間の接続でサポートされます。

筆者紹介

山市 良(やまいち りょう)

岩手県花巻市在住。Microsoft MVP:Cloud and Datacenter Management(Oct 2008 - Sep 2016)。SIer、IT出版社、中堅企業のシステム管理者を経て、フリーのテクニカルライターに。マイクロソフト製品、テクノロジーを中心に、IT雑誌、Webサイトへの記事の寄稿、ドキュメント作成、事例取材などを手掛ける。個人ブログは『山市良のえぬなんとかわーるど』。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。