ニュース
» 2017年02月07日 11時00分 UPDATE

パロアルト「Traps」と連携し、ワンストップサービスを提供:富士通エフサス、業務PCのエンドポイントセキュリティを強化する新サービス 未知のマルウェア検出に対応

富士通エフサスが、次世代型サイバー脅威への対処を目的とする業務PC向けエンドポイントセキュリティソリューションの提供を開始。パロアルトネットワークスのセキュリティ製品「Traps」の導入支援と、24時間365日体制での運用サービスをワンストップで提供する。

[@IT]

 富士通エフサスは2017年2月6日、既存のセキュリティ対策をすり抜ける未知の脅威への対処を目的とする、業務PC向けエンドポイントセキュリティソリューションの提供を開始した。

photo Trapsを用いたサービス概要図

 同ソリューションでは、パロアルトネットワークスの次世代エンドポイントセキュリティソフトウェア「Traps」を採用し、Trapsの導入支援から、24時間365日体制で監視、通報、検知ログ分析、検知ポリシーメンテナンスなどの運用体制をワンストップで提供する。

 Trapsは、マルウェアやエクスプロイトの検出機能を組み合わせて、未知の脅威に対してもネットワークへの侵入を防ぐ機能を持つエンドポイントセキュリティソフトウェア。富士通エフサスは、2016年8月に自社の2500台の社外持出用PCにTrapsを導入して、その知見やノウハウを集積した。新サービスは、こうした知見を基に、Trapsの導入から日常の運用、万が一脅威にさらされたときの対応まで一括して対応する。

photo サービス内容

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。