ニュース
» 2017年02月07日 11時00分 UPDATE

バックアップをきめ細かく管理可能に:マイクロソフト、Azure VM上のSQL Server 2016向けバックアップ管理機能を強化

マイクロソフトが「Microsoft Azureの仮想マシン(Azure VM)上に構築したSQL Server 2016システム」向けの自動バックアップ機能を大幅に改良。バックアップをきめ細かく管理できるようにした。

[@IT]

 米マイクロソフトは2017年2月2日(米国時間)、「Microsoft Azure(以下、Azure)の仮想マシン(Azure VM)上に構築したSQL Server 2016システム」向けの自動バックアップ機能を大幅に改良。バックアップをきめ細かく管理できるようになった。

 自動バックアップは、Azure上にあるSQL Serverインスタンスの全データベースを、ストレージアカウントのいずれかに自動でバックアップできるようにする機能。常に一貫したバックアップチェーンを保証することで、任意の時点にデータベースをリカバリーできる。また、バックアップの保持期間を指定することも可能だ。

 自動バックアップの新機能では、ユーザーデータベースに加えて、システムデータベースのバックアップもスケジューリングできるようになった。このオプションを有効にすると、システムデータベースとそのインスタンスレベルの重要なオブジェクトも、ユーザーデータベースと同じスケジュールでバックアップされる。

 この他、バックアップ処理がパフォーマンスに影響しないように、フルバックアップを行う時間帯と頻度(1日1回または週1回)のスケジューリングにも対応。ログのバックアップを取る頻度も指定できるようになった。

 なお、DR(Disaster Recovery:災害復旧)やコンプライアンス確保の目的においては、バックアップ先に「Geoレプリケーション」(地理的に離れたリージョンにレプリケーションする設定)を使うようにマイクロソフトは勧めている。この場合は、保存先のストレージアカウントで読み取り可能とすることが望ましいという。リモートAzureリージョンでもバックアップが使用可能になるからだ。

 自動バックアップ機能の有効化と構成は、以下のように行う。

新しいSQL Serverインスタンスを作成する場合

 Azureポータルでのインスタンス作成時に、SQL Serverの幾つかの構成オプションが用意された画面が表示されるようになる。そこで自動バックアップ機能を有効にできる。

photo SQL Serverインスタンスの作成時に自動バックアップ機能を有効にできる

既存のSQL Serverインスタンスで有効にする場合

 既にSQL Server 2016インスタンスを運用している場合は、AzureポータルまたはAzure PowerShellのコマンド操作で自動バックアップを有効にする。Azureポータルでは、目的のSQL Serverインスタンスの管理ページを開き、左ペインのSQL Server構成を選択すると、自動バックアップの構成オプションにアクセスできる。

photo Azureポータルから自動バックアップを有効にする

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。