ニュース
» 2017年02月08日 11時00分 UPDATE

Gitを使った効率的なCI/CDに役立つ:マイクロソフト、Visual Studio 2017のDevOps向け拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリース

マイクロソフトは、「Visual Studio 2017」にDevOps支援機能を付加する拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリースした。

[@IT]

 米マイクロソフトは2017年2月6日(米国時間)、ソフトウェア開発環境「Visual Studio」の次期バージョン「Visual Studio 2017」にDevOps支援機能を付加する拡張機能「Continuous Delivery Tools for Visual Studio」をリリースしたと発表した。

 Continuous Delivery Tools for Visual Studioでは、Microsoft Azure(以下、Azure)上での運用を想定した「ASP.NET 4」と「ASP.NET Core」アプリケーションのビルド、テスト、リリースの自動パイプラインを「Visual Studio Team Services」上にセットアップできる。

 マイクロソフトはContinuous Delivery Tools for Visual Studioについて、「Gitを使ってアプリケーションを開発、テスト、デプロイする環境を迅速に構築するのに役立つ機能拡張である」と述べ、主要な機能を以下のように紹介した。

ASP.NET 4とASP.NET CoreプロジェクトにおけるCD(Continuous Delivery:継続的デリバリー)パイプラインを構成する

 作業は、プロジェクトをGitリポジトリに登録して開始する。ステータスバーの「Add to Source Control」ボタンを押すとリポジトリが用意され、リモートリポジトリにプッシュされる。

 続いて、「ソリューションエクスプローラー」でASP.NETプロジェクトを右クリックするか、ステータスバーでリモートサーバのステータスアイコンをクリックし、「Configure Continuous Delivery」を選択する。これにより、Team Servicesでビルドとリリースの定義が開始される。この定義に基づいてASP.NETプロジェクトのビルド、テスト、Azure App ServiceまたはAzure Container Serviceへのデプロイが自動的に行われる。

photo

 「Configure Continuous Delivery」ダイアログでは、ターゲットAppサービスにデプロイするブランチをリポジトリから選択できる。「OK」をクリックすると、Team Services上でビルドとリリースの定義を数分で作成され、さらに最初のビルドとデプロイを自動的に開始する。以後、ユーザーが変更をリポジトリにプッシュするたびに、Team Servicesが新しいビルドとデプロイを実行させる。

photo

 プロジェクトが成熟したら、カスタムタスクを追加して、リリースパイプラインの他の部分を自動化したり、必要なポリシーを強制したり、新しいデプロイターゲットを設定したり、多くのサードパーティーサービスの1つを統合したりできる。

photo

Visual Studio Team Services上で実行されるCI(Continuous Integration:継続的インテグレーション)の失敗通知を行う

 自動DevOpsパイプラインを使用すると、作業が高速に進む。このため、プロセスについて十分な透明性を確保することが重要となる。

 Continuous Delivery Tools for Visual Studioでは、ステータスバーアイコンに最新のビルドステータスと、失敗したビルドやテストの通知を行う機能が追加される。

photo

 なお、Continuous Delivery Tools for Visual Studioは、開発ツールに関する最新のアイデアの一部を実験的に実現するツールと位置付けられ、サポート対象外の「Microsoft DevLabs拡張機能」として提供される。

 Visual Studio 2017は2017年2月現在、リリース候補版である「Release Candidate(RC版)」が公開されている。Continuous Delivery Tools for Visual Studioは、Visual Studio 2017 RC3以降で利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。