連載
» 2017年02月08日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Google日本語入力でショートカットキーを使って単語登録用ダイアログを表示できるようにする

Google日本語入力でショートカットキーを使って単語登録用ダイアログを表示できるようにする方法を紹介する。

[デジタルアドバンテージ,著]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Google日本語入力


 Google日本語入力で、キー設定の選択を「ATOK」に設定している場合、[Ctrl]+[F7]キーで単語登録用ダイアログが表示される。しかし、他のキー設定では単語登録用ダイアログを表示するショートカットキーは設定されていない。

 頻繁に単語登録を行うようならば、キー入力の設定で、単語登録用ダイアログが表示されるようにエントリを追加しよう。ここではWindows OS版のGoogle日本語入力での設定で手順を紹介するが、macOSでも同様の手順でエントリの追加が可能だ。

  1. インジケータ領域の[Google日本語入力]アイコンを右クリックし、[設定]を選択する。
  2. [テキストサービスと入力言語]ダイアログが開くので、[全般]タブを開き、「インストールされているサービス」で「Google日本語入力」を選択して、[プロパティ]ボタンをクリックする(Windows 10では、インジケータ領域の[A]アイコンをクリックし、メニューで[プロパティ]を選択する)。
  3. [Google日本語入力プロパティ]ダイアログが開くので、「キー設定」項目の[編集]ボタンをクリックする。
  4. [Google日本語入力キー設定]ダイアログの[編集]ボタンをクリックし、[エントリーを追加]を選択する。
  5. 「モード」に新しいエントリが追加されるので、そこをクリックし、[入力文字なし]を選択する。
  6. 新しいエントリの「入力キー」部分をダブルクリックし、[Google日本語入力キーバインディング設定]ダイアログの「割り当てるキーの入力」で[Ctrl]+[F7]キーを押し、「Ctrl F7」と入力されたのを確認して、[OK]ボタンをクリックする([Ctrl]+[F7]キー以外に設定する場合は、そのキーを押す)。
  7. 新しいエントリの[コマンド]部分で[単語登録を起動]を選択する。
  8. その他のモードでも単語登録ダイアログを表示したい場合は、「モード」で[変換前入力中][変換中]などを選択して、それぞれに対して、キーの割当と[単語登録を起動]を設定する。ただし、[直接入力]には設定しても単語登録ダイアログが起動しないので注意したい。
  9. [OK]ボタンを2回クリックして、[Google日本語入力プロパティ]を閉じる。

 これで、Google日本語入力がオンになっている状態(直接入力ではない状態)で、[Ctrl]+[F7]キーなどの設定したキーを入力すると単語登録ダイアログが起動し、単語の登録が行えるようになる。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。