ニュース
» 2017年02月10日 14時43分 UPDATE

AWS Workspaces提供全リージョンで利用可能:Amazon WorkSpacesでユーザー認証がオンプレミスActive Directoryと完全連携

米Amazon Web Servicesは、仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」において、ユーザーがオンプレミスのActive Directoryの認証情報をそのまま用い、Amazon Workspacesにログインできることになったことを明らかにした。Amazon Workspacesへのログインで、ドメインネームを指定する必要はない。

[三木 泉,@IT]

 米Amazon Web Servicesは、仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」において、AWS上のActive Directory互換ディレクトリサービス「AWS Directory Service for Microsoft Active Directory(Enterprise Edition)」と、オンプレミスのActive Directoryとのフォレスト間信頼連携ができるようになったと発表した。

 これにより、AWS WorkSpacesのユーザーは、オンプレミスのActive Directoryの認証情報をそのまま用い、Amazon Workspacesにログインできることになった。Amazon Workspacesへのログインで、ドメインネームを指定する必要はない。

 この機能は、Amazon Workspacesが提供されている全てのリージョンで利用可能になっているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。