連載
» 2017年02月15日 05時00分 UPDATE

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い (1/3)

イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き

[取材・文:阿部川久広(Go Abekawa), 構成:土肥可名子, 鈴木麻紀,@IT]
Go AbekawaのGo Global!

「Go AbekawaのGo Global!」連載目次

 アップルやディズニーなどの外資系企業でマーケティングを担当し、グローバルでのビジネス展開に深い知見を持つ阿部川“Go”久広が、グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うインタビューシリーズ。第14回はAIを活用した画像、動画認識技術を提供する「Graymatics」のCEO、Abhijit Shanbhag(アビジット・シャンハー)氏に登場いただく。

 エンジニア出身のアビジットさんが起業をした理由、そして「芯」に持ち続けているものに、読者の皆さんも必ずや共感するだろう。

Abhijit Shanbhag(アビジット・シャンハー)
Graymatics President&CEO「
インド工科大学 学士号、南カリフォルニア大学 博士号
クアルコム、エリクソンなどでのエンジニア経験を経て、2002年に半導体企業Scintera Networksを起業。2011年にGraymatics創業

人間を模倣したアルゴリズム

阿部川“Go”久広(以降、阿部川) 今日はお時間いただき、ありがとうございます。

Abhijit Shanbhag(アビジット・シャンハー:以降、アビジットさん) コンニチハ! お会いできてうれしく思います。私のことはアビジットと呼んでください。

阿部川 Graymatisのサービスについてお聞かせください。

アビジットさん 現代は、1日に260億枚以上の写真と10億秒以上の映像がネット上にアップされているといいます。検索エンジンやビッグデータの視点で見れば、この膨大な情報を無視することはできません。

 しかし今分析対象になっているのは、ほとんどがテキスト情報で、映像分析はまだまだです。Graymaticsはこの膨大なイメージやビデオを細部までピクセルレベルで解析し、テキストと同じようにデータ化する技術を提供しています。

 例えば、このインタビューを行っている場所は、会議室のような部屋で、インタビュアーのGoさんは男性で、年齢は幾つぐらいかとか。さらに表情から判断して感情まで解析していきます。腕時計はどのようなデザインで、どこの製品かといった細部まで分かりますよ。

阿部川 素晴らしいですね。どのような仕組みになっているのですか?

アビジットさん アルゴリズムの多くは「人間はどのような経路をたどって思考しているのか」を模倣しています。人は視覚から実にたくさんの情報を取り出しています。それをまねして、さらに最新のディープラーニングの理論や技術を用いて、幾つかのパターンを想定しました。知的所有権も保有しています。

 2011年に開発し、その後全てのデータを蓄積、分析しています。現在はGraymaticsで解析したイメージやビデオのデータが、消費者市場の新しい知識を発見するツールになっています。インターネット上のどのイメージが頻繁にアクサスされたりクリックされたりしたのか、ユーザーの目が何にくぎ付けになったのかも分かります。

阿部川 シンガポールの首相官邸からも出資を受けているそうですね。

アビジットさん ええ。シンガポール政府から依頼を受けて、内務省向けのソフトウェアプラットフォームを開発しています。

 シンガポールには多くの場所にさまざまな「CCVT(closed-circut-television 閉鎖回路テレビ、映像監視システムのこと)」があります。それらで集めた多くの映像データから不審人物を特定し、政府機関に警告を出すというシステムが間もなく稼働します。シンガポールはもともと安全な国ですが、このソフトウェアが稼働すれば、より安全な国になると思います。

阿部川 テキストに特化して解析する企業や、単純に映像のみを探し出すサービスを提供する企業はありますが、ビッグデータやソーシャルアプリケーションまで含めて、統合的に解析サービスを提供しているのは独自性がありますね。

Graymatics CEO、Abhijit Shanbhag
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。