ニュース
» 2017年02月16日 11時00分 UPDATE

マイクロソフトの「HoloLens」を活用、宮崎ブーゲンビリア空港へ試験導入:空港内を“自走”して接客する「Pepper案内員」が登場 ANAとNSSOLが開発

全日本空輸と新日鉄住金ソリューションズが、空港内を“自走”して接客する「Pepper案内員」を開発。Microsoft HoloLensの技術を使い、「人や障害物を認識し、避けながら」移動できる機能を備えた。2017年2月末まで宮崎ブーゲンビリア空港で試験運用を実施する。

[@IT]
photo HoloLensを装着した「Pepper案内員」

 全日本空輸(以下、ANA)と新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)は2017年2月15日、ソフトバンクロボティクスのAI(Artificial Intelligence:人工知能)搭載ロボット「Pepper」を使った空港案内の検証を共同で開始すると発表した。2017年2月末まで宮崎ブーゲンビリア空港で実施する。

 ANAはこの他にも「空港内の施設を案内するPepper」を羽田、成田、福岡の3空港で試験的に導入しているが、原則として、空港の出発ロビーや乗継カウンターなど、一定の場所に静止した状態でサービスを提供していた。今回始める検証では、Pepperを「自走」させ、時間帯や人の流れに応じて案内を実施する場所を自発的に変更したり、自走しながら利用者に必要な情報を案内したりすることを想定する。

 空港内での空間把握や位置推定には、マイクロソフトの「HoloLens」の技術を利用する。HoloLensで認識された空港内の空間情報を利用して、人や障害物などを避けながらPepperを自走させる仕組みをNSSOLが開発した。HoloLensの持つ、外部に追加機材を設置することなく、高精度な空間把握と位置推定ができる機能に着目したという。


photo HoloLens

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。