ニュース
» 2017年02月22日 11時00分 UPDATE

アプリケーションのステートフルなコンテナ化を支援:MapR、Docker向けの統合データ基盤「MapR Converged Data Platform for Docker」を発表

MapRがDocker対応の統合データ基盤「MapR Converged Data Platform for Docker」を発表。コンテナアプリケーションの開発/運用で課題となる「データの永続性の欠如」に対応した。

[@IT]

 米マップアール・テクノロジーズ(以下、MapR)は2017年2月7日(米国時間)、コンテナが任意の場所から永続データ(ファイル、データベーステーブル、メッセージストリーム)へアクセスできるようにする「MapR Converged Data Platform for Docker」の提供を開始したと発表した。

 MapR Converged Data Platform for Dockerには、ステートフルなアプリケーションやマイクロサービスのデータアクセスを容易にし、アプリケーションの俊敏性と迅速な価値提供を支援する「MapR Persistent Client Container(PACC)」が含まれている。

photo 「MapR Persistent Application Client Container(PACC)」の特徴
photo MapR Converged Data Platform

 MapRは、「MapR-FS」ファイルシステムを特徴とするHadoopディストリビューションベンダー。データベースの「MapR-DB」、イベントストリーミングの「MapR Streams」など、データ管理分野の製品も拡張させている。データ処理についても、Spark、DRILL、商用アプリケーションなどに幅広く対応することから、同社は自社製品を、データの取り込みから活用までを包括的に網羅したプラットフォームとして「コンバージドデータプラットフォーム」と呼ぶようになった。

 MapRは、「これまでファイルやブロックストレージを提供するポイントソリューションしかなく、ステートフルコンテナのための包括的で安全なデータサービスがなかった」とし、MapR Converged Data Platform for Dockerをリリースした背景を次のように説明している。

 「企業はコンテナアプリケーションを本番環境で活用しようとしているが、(ステートレスなWebアプリケーションよりも複雑な)コンテナアプリケーションの開発や運用に苦労している。最大の障害はデータの永続性の欠如だ。データの永続性が確保されていなければ、アプリケーションを柔軟なスケーリングによってビジネス要件に対応させながらも、インフラ障害に対処しながら継続稼働させる環境は整わない」(MapR)

 MapR Converged Data Platform for Dockerは、ステートフルなアプリケーションのために以下の機能をサポートする。

  • 構成、ロギング、バイナリ状態のデータを保持する、安全で高信頼、高性能のデータストレージ
  • オペレーション分析や手軽な分析のためのNoSQLのキーバリューと、ドキュメントデータベースストレージのスケールアウト
  • マイクロサービス間の通信状態を保持する、永続性を持つグローバルイベントストリーム

 MapR Converged Data Platform for Dockerは、あらゆるインフラリソースからの高速なデータアクセスを可能にする。コンテナに最適化されたこの環境に含まれるMapR PACCでは、以下の機能が提供される。

  • ファイル、データベーステーブル、ストリームへのアクセスをアプリケーションに提供する、作成済みのDockerコンテナ
  • コンテナレベルでの安全な認証
  • スケーラブルで、高いパフォーマンス
  • 拡張可能なアプリケーションレイヤーのサポート
  • Docker Hubで入手でき、カスタマイズ可能なDockerfile

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。