ニュース
» 2017年02月27日 09時14分 UPDATE

re:Invent 2016で発表済み:AWS、最大330万IOPSのI3仮想インスタンスを提供開始、東京リージョンでも

Amazon Web Services(AWS)は2017年2月23日(米国時間)、2016年の同社年次イベント「AWS re:Invent 2016」で発表していた最大で仮想CPUを64、メモリを488GB、NVMe SSDを15.2 TB搭載する仮想インスタンス群である「I3インスタンス」を、東京を含む15のリージョンで提供開始したと発表した。

[三木泉,@IT]

 Amazon Web Services(AWS)は2017年2月23日(米国時間)、2016年の同社年次イベント「AWS re:Invent 2016」で発表していた最大で仮想CPUを64、メモリを488GB、NVMe SSDを15.2TB搭載する仮想インスタンス群である「I3インスタンス」を、東京を含む15のリージョンで提供開始したと発表した。

 仮想CPU、メモリが大量であるのに加え、NVMe SSDを採用している点も新仮想インスタンスシリーズの特徴。4KBブロックで最大330万IOPS、シーケンシャルアクセススループットは最大16GB/秒だという。既存I2インスタンスと比較すると、I3インスタンスではストレージがより安価で密度も高いため、CPUコア当たりのIOPSとネットワーク帯域幅を大幅に増やせるとしている。

 インスタンスの選択肢とスペックは下図の通り。

 I3インスタンスは、米国東部(北部バージニア州)、米国西部(オレゴン州)、米国西部(カリフォルニア北部)、米国東部(オハイオ州)、カナダ(中央部)、南米(サンパウロ)、EU(アイルランド)、EU(ロンドン)、EU(フランクフルト)、アジア太平洋(シンガポール)、アジア太平洋(東京)、アジア太平洋(ソウル)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(ムンバイ)、AWS GovCloudで提供開始された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。